キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

日本人による日本人のための日本の番組

昨夜のテレ朝、「たけしのテレビタックル」は面白かった!
(テレ朝がこんなことをやるの!?次の番組(報道ステーション)とは真逆だわ)
と拍手喝采をしたいほど、思い切った内容をやっていました。
 
 
というのは、韓国の新大統領の朴さんの
漢江の奇跡をもう一度起こそうという演説を引用し、
 
漢江の奇跡これに日本は、5億ドル(1ドル360円の時代)の援助と
インフラ整備をした。
最近、韓国は国が従軍慰安婦の証言」の本を出したが
もしかすると、この賠償として、
また資金援助を求めようとしているのではないか
 
というナレーション。
 
イメージ 1
 
 
出演者も、
この援助を韓国民は知っているのか?
従軍慰安婦話を捏造した吉田清治・・、等
次々に指摘し、
 
明治大学の准教授・金さん」を問い詰めていましたが
この金という女性、頓珍漢なことばかり繰り返していましたねぇ。
答えになっていない!
大学の先生ってなレベルじゃない、と思ったし、
こんな人を教員に置いている明治大学って、何を教えているんだ!?
と思いました。
(これ、明大だけじゃないですけど)
 
また、番組で
「(反日)マスコミが悪い」と指摘していたのも画期的でしたわ。
テレ朝とは思えない・・・。あはは。
 
 
しかしね、次のコーナーで小泉進次郎を取り上げたのにはがっくり。
いや、進次郎君、好きですよ。
ずっと見ていたい人ですよ。
絶対に総理になる人だと思う。
 
イメージ 2
 
が、それまでの議論があまりに面白かったので、
(あれをもっとやっててよ)と思ってしまいました。
 
小泉進次郎氏は、自ら「人寄せパンダ」と言っていましたが
テレビ局にとっては、「視聴率稼ぎパンダ」なんでしょうかね
 
 
「TVタックル」、次回も今回の線でお願い致します。
 
ホント、もっと、日本人による日本人のための番組を作るべきだわ。
 
イメージ 3