キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

本日、「亡国内閣」と言ったのは、やっぱりあそこ。

<第二次安倍改造内閣 発足>
 
ということで、
今日帰宅後(6時半)から見たニュースでは
 各局、安倍総理の会見をライブで報じていました。
 
が、そのライブを途中で切ってCMを入れたのは
 まず最初がテレ朝。
 次がTBS。
 
やっぱりね・・・。
 
マスコミは、しばしば
  『総理は国民への説明が足りない』などと言いますが
そういう会見・説明を切って来たのはマスコミでしょう?
   と言いたいです。
勝手に会見を切っていて、これは何よ!?
 
ちゃんと全文を報じなければ意味がない。
一部だけを切り取って報じるのは、マスコミの意図が入り込んでしまう。
そこを言いたいです。
勝手なことを言ってんじゃないよ、マスコミ!
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
それと、
今日夕方の駅の売店で見た「日刊ゲンダイ」の広告にも気分が悪くなりました。
日刊ゲンダイ」(単なるタブロイド紙)によると、
 今回の組閣は、『亡国内閣』、なんですと。
は?
亡国内閣??
なに言ってんの!?
 
 
私はね、今回の組閣は素晴らしいと思いますよ。
90点以上!
  (私は若干、女性議員のM・Mさんに不安を感じるが・・・)
 
自民党内での不平不満は大きいとは思いますが
  安倍さんが自党よりも国を重視した本気内閣だとわかります。
 
重要なポストは継続させたことでも、それはわかる。
自民党を重視したなら、バラマキ人事をしたでしょうにねぇ・・・。
 
特に私が拍手をしたいのは
    有村治子さんが入閣した点。
以前から私は、『この方はいい』と思っていたので
 
 
イメージ 2
 
 
 
こんな根性が座った内閣に対して
 最初っから『亡国内閣』なんてマイナス点をつけるなんて・・・
 
(やっぱり、日刊ゲンダイは日韓ゲンダイだね)、とつくづく思ったのでした。
まじ、あかんわ。
 
「ナンクセ・悪口言ってりゃ賢そうに見える」って言う時代は終わったのよ。
具体的に対案を言え!具体的に対案を!
誰が大臣なら誉めるのか?!
それはゲンダイだけじゃなく、他のメディア、
  野党にも言いたいです。