キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

朝日新聞、テレビ朝日・・・怒!

今年の「新語・流行語大賞」は
  「朝日新聞と吉田」かもしれんなぁ。
 
 
朝日新聞慰安婦問題検証記事の波紋ー吉田証言とは何だったのか
昨日の新聞のテレビ欄を見て
 「NHKのサザン」も目に入ったが、それ以上に
 同時間帯の報道ステーション」欄に目が釘づけになりました。
 
「ほう、やっとテレ朝が朝日新聞慰安婦」に触れるのかぁ、ってね。
これは注目だ、見なくちゃ。
 
と思っていたら、昨日は突然(?)
朝日新聞の社長と幹部が
  「東電 吉田調書記事を撤回・謝罪会見」を
 行いました。
福島原発・東電社員が撤退してはいないのにあたかも逃げたかのように報じ
 世界に誤解を広げたあの記事についての謝罪です。
 
 
イメージ 1
 
 
 
で、その場でおまけのように、
 8月の従軍慰安婦記事撤回についての謝罪も行いまして。
 
 
なので、昨夜の報道ステーションはこの両方の問題を取り上げ、
  見ごたえありましたわ。いろんな意味で。
 
例えばね
古館が神妙な顔で
8月の朝日新聞慰安婦記事撤回を受けまして、
   番組でも独自の検証を行いました」というから
朝日新聞誤報(歪曲)」について検証したのかと思ったら
  従軍慰安婦問題を検証になってるし・・・。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
出て来た証人の元官房副長官・石原信雄氏も
  国会で証言していたことと大分トーンが違いますね。
国会で石原氏は
 
  韓国側が、『日本が謝罪の文言を入れれば、今後一切これは問題にしない』
  というので、謝った
と言っていたじゃないですか。
そういうことを、昨日の報ステでは一切口にされていない。
むしろ、朝日と同じ論調。
 
あるいは、産経の黒田氏も朝日擁護。
 
皆さん、どうなってんの?
あるいは、報ステが恣意的に自分達に都合のよい発言だけを切り取った?
 
 
で、番組の結論はこうです。
 
「(彼女らが)旧日本軍の管理の下で、
 自由を奪われ、人権、尊厳を踏みにじられたことは確かなこと。
 55人の年老いている元慰安婦の人達に
  一日も早く救済の手を差し伸べるために、
  日本・韓国は、やらなければならないことが山ほどある。
 吉田証言の影響がどのくらいなのか、検討の余地がいっぱいある」
 
なんですと。
は?救済!? 
 
私の結論としては、
 「やっぱり、朝日は朝日、報ステ報ステ」ということ。
結論は「日本が悪い、日本は謝れ」ですもんね。
 
朝日新聞擁護」としか思えない番組でありました。
あれを是とするならば、テレ朝も批難されるべきです。
この番組も、潰れてもらわなくてはいけません。
 
そうそ、朝日新聞の社長はこういう言葉で謝罪しました。
 
「読者の皆様におわび申し上げます」
 
 
イメージ 2
 
 
違うでしょ!?
「日本国民、日本国にお詫び」でしょ!?
わたしゃ、おたくの読者じゃないが精神的ストレスを受けている。
謝ってよ!
 
つまり社長としては、
「読者の皆さん、見捨てないでね。うちの新聞をよろしく」
  が言いたかったんでしょう。
 
あ~、どこまでもハラが立つ朝日だわ。
新聞もテレビも。