キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

不快なあのCM・2篇

ファブリーズの車の消臭剤のCM。
後ろの席に座った子供が何やら騒いでいますね。
どうも「車内の臭いがイヤだ」と言っているらしいんですが
 何を言ってるのか、全く!聞き取れません。
 
で、昨日その話をしたら
子供1は 「絶対臭う」、
子供2は 「絶対に酔う」、と答えました。
なるほど~~~。そう言われればそういう雰囲気です。
が、絶対に聞き取れない!
 
そもそもあの流れで、「絶対臭う(酔う)」を繰り返すでしょうか?
あれは台本の言葉。
「臭いよ、臭い!」
「酔いそうだよ」と言うのが普通だと思うんですけどねぇ。
 
それにしても、人んちの車に乗せてもらっているくせに
 生意気な子だ。
 
イメージ 1
 
 
 
そういえば最近、
 西田敏行の「肺炎球菌ワクチン」のCMをさかんに流していますが、
 これ今年から始まったようですね。
101歳以上でも受けられるとか、
  「接種の費用は一部自治体負担」だとか。
 
 
これを見て不快に思うのは私だけ??
 
 
ここまで大量にCMを流して
 費用も一部負担してあげて、
 100歳以上でも肺炎に気を付けて」って・・・・(-_-;)。
   (高齢者へはインフルエンザの予防接種もあります。
     確か75歳以上は無料だったと思います)
 
 
日本には
 「しょうがないね。もうトシだったからね」の諦めの境地というのは無いんでしょう   か?
「死ぬのはおかしい」とでも思っているんでしょうか?
 
 
イメージ 2
 
生殖能力が無くなると動物は死ぬ」と、
   どこかのお医者さまが書いておられました。
「その後も生きながらえているのは人間だけ」、なんだとか。
私なんてもう余生ですよ。
いつ死んでもおかしくないんです。
 
そう思えば、
 人様の税金を使って予防注射を受けさせてもらう気にはならんわぁ。
「肺炎やインフルエンザで死んだらそれが寿命」
  ということでいいじゃないですか。
 
 
おまけに、この肺炎球菌ワクチン」って
定期接種を受けたことにより、健康被害が発生した場合には、
 救済給付を行うための制度があります。
 詳細についてはお住まいの市町村にご相談ください』
とのこと。
 
「副作用が出た」と訴えられたら、また莫大な裁判費用、損害賠償ですよ。
どうするんだい?
 
とにかく、高齢者を厚遇しすぎ!
こんなところで(というと失礼千万かもしれませんが)税金を使うなよ!
  と声を大にして言いたい。
こういうのを「ムダな福祉」と言うんだと思います。
 
あ、CMの話を書こうと思っていたのに
   話がまた逸れちゃった。 (-_-;)