キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

どうでもいい?どうでも良くない広告の話

先日、デパートの化粧品カウンターへ行き
 「このブランド(ライン)を扱っていますか?」と聞いたところ
 「あ、申し訳ありません。そちらはドラッグストアか大型スーパーで・・・
とのお返事で、赤っ恥をかきました。

そ、テレビでCMを打っている化粧品のほとんどは、
  デパートではなくそういう系列で扱っているんですよねー。
デパートにあるのは、高級女性誌(重い月刊誌)に載っているものばかり。(-_-;)

わたしゃ、そういう女性誌を買わないし、
  「CMはほとんどテレビかネットから」なので
  行先を間違えたわけです。 
きっと広告主側としては、
  「テレビの視聴者」=安い物を買う
  「女性誌を買う客」=高い物を買う
  という選別をしてるんでしょうね。

うん、私の場合、当たっていますよ。
貧乏だからね。

イメージ 3


テレビCMといえば、最近、
 (ん?綾瀬はるかのCM、3本続けてやっているぞ。
   あの子、そんなに広告に出ているの?) と思ったことがありまして。

その時は、「レノア・SKⅡ・パンテーン」の3本だったのですが、
  それ以降も、「その3本連続」がとても多いんです。
調べてみると、その3本のおおもとは、「P&G」だった・・・。
なあんだ、ブランドは別でも、一つの企業枠でやっていたのか、と。

それにしても、綾瀬はるかはP&Gの専属?? (笑)
彼女のCM量は凄いですね。

・・・ただそれだけの話です。 はい。 (-_-;)

イメージ 1


ところで。
このあいだっから、不快に思ってみていたのが
 「earth music & ecology」のCM。
宮崎あおいが、泣きながら歌を歌っているヤツ。

イメージ 2

「なにこれ?気持ちが悪い。新興宗教みたい」と思って見ていたのですが

あの歌詞は

争う人は 正しさを説く 正しさゆえの 争いを説く
  その正しさは 気分がいいか
 正しさの勝利が 気分いいんじゃないか

というもので、
 寄せられているコメントを見ると、どうも
 「安保法案反対の企業メッセージ」?。

なるほど、あの時期からこれをぶつけて来たということは
 そういう意図があったのかも、と。

企業イメージとしてどうなんでしょうねぇ。
私はそういうお店では絶対に買いませんけどね。

シーシェパードに協賛金を出しているあの企業の製品も、買わない。
ピースボート・世界一周の旅」のポスターを貼っているお店にも
 入りたくない。

売る側としては、
 万人に買ってもらいたいのか、
 それとも一部の層にウケたいのか、
 そのへん、覚悟してやっている・・・はずですけどね。
宮崎あおいのイメージにも、妙な色が付いた感じです。