キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

加藤記者の件とバーターはやめて欲しい

昨日、韓国・パククネ大統領の名誉を毀損したとして訴えられた
   産経新聞・加藤記者の公判がありました。
判決は無罪。
当然っちゃぁ当然の判決ですけど、
  おバカな私は、このあたりに妙に引っかかってしまいましてね。

昨夜見たテレビニュースでは

「裁判長は判決公判の冒頭、韓国外交省が文書を提出し、
 日本側が善処を求めていることに配慮してほしいと要請してきたことを明らかにした


韓国外交部が法務部に対し、日本側の善処要請を考慮するよう求めたことが17日、分かった。外交部当局者が明らかにした。」

とあるように、私は
 「日本側からの要請で、韓国の外交部が考慮してやるように、と裁判所に圧力を
 かけた」
風に受け取りました。

では、このニュースではどうでしょう?

韓国外務省の「日韓関係の大局的観点から善処を望む」とする文書が読み上げられたhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151217-00000543-san-kr&pos=1

判決の冒頭、韓国外交省が検察側を通じて、日韓関係の悪化に配慮して
 地裁に「善処」を求める内容の文書を提出したと公表。
 (今朝の読売新聞)

「日本側」が抜けています。

多分、日本側からの要請はあったんでしょうね。
でも、それはどの程度のもの?
前者の記事を読めば、相当な圧力があったかのようだし、
後者の記事を読めば、日本側かの要請はなかったかのようです。

なんだかなぁ・・・加藤さんには申し訳ないけど
  私は、日本政府はあまり関与して欲しくなかったです。
なぜなら、こちらに非はないんですから。
加藤さんには悪いけど、日本が頭を下げる必要はない。 
無罪以外の判決が出れば、韓国は世界的に恥をかくわけだし。

それに、日本からの要請で無罪にしてやった、となれば
 日本は借りを作ったことになり、
 あちらに配慮外交をする立場になるでしょう?

私が間違っていますか? (-_-;)

先日、「靖国神社爆弾テロ」の韓国男について書いた時に、


日本では、産経新聞の加藤支局長の判決
  11/26予定が、今月の17日に延期されました。
なぜなのか?わかりませんけど。

この一件とバーターにしてうやむやに処理・・・なんてことは
 して欲しくありませんね。
こちらには非はないんですから。

どちらもちゃんと裁いて欲しいわ、ちゃんとね!


と書きましたけど、
 まじ、妙なバーターはやめてもらいたい。
加藤記者の一件と、
 テロ男や、慰安婦がどうのこうのとが天秤に掛けられたら
 たまったもんじゃありません。

超速で書いたので、いつもに増して文章がヘロヘロで、すみません。
さ、行くぞ、ぴゅーっ。