キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

節操のない政治家とマスコミ

北海道5区、京都府3区にお住いのみなさま、
 毎日毎日、うるさい選挙カーに辟易されていたことでしょう。
今日でやっと闘いが終わります。
お疲れさまでした。
おっと、「選挙に行って投票したら終わり」という意味です。
今日はぜひぜひ投票に行って下さいませ。

こちらは、北海道の選挙戦の様子ですが
  野合連合がなりふり構わず同じ街宣車の上に立っています。
恥もプライドもなく、
  政局のためならなんでもやる、この節操のなさ!
「国民のための選挙ではなく、自分達のための選挙」というのがよくわかります。

イメージ 1

イメージ 2
(山尾、辻元、池田、蓮舫はわかるが、左のおばさんは誰? )

いっそ、自民公明以外は、全部まとまったらどうなんでしょう?
それをやる覚悟があるから、共闘しているんでしょ?

あれはあれ、これはこれで使い分けられても困ります。
それとも、政治家にはウソも方便は許されるの?(棒読み)

イメージ 3

昨日の夜7時のNHニュースをみていたら、
 熊本入りした民進党岡田克也
東日本大震災のとき(我々)はすぐに激甚災害に指定したのに、
 なぜこれだけ時間がかかっているのか分からない」と批判していました。

おお~、コレ、事情を知らない人が聞いたら
 (すごかったんだな民主党は。それに比べて今の政府は・・・)と思うでしょうね。
今日の選挙戦のために、ウソを承知でアピールしているのでしょう。


激甚指定というのは復興を援助するためのものであって
  復旧目的のものではありませんし、
なによりも激甚指定にするためには審査を行わなければなりません。

菅内閣で3月12日に閣議決定したところで、
その激甚指定に必要な次の過程を自民に国会で追及されるまで
 放置していました

なお、災害救助法の適用については
 安倍内閣は4月14日には熊本県全域を指定しています。

パフォーマンスしか考えず、
 激甚指定どころか復旧に必要な的確な指示すらまともに出さず、
 自分で爆発させた福一のことで
 いかに責任転嫁するかしか頭に無かった菅内閣
 そもそも比較の対象にすらならないでしょう。



話は逸れますけど、その昨夜のニュースでは
 「岩城法務大臣 靖国参拝 閣僚2人目」も報じていましたけど、
 こんな当たり前のことをいちいち取り上げる方がおかしいです。
日本のテレビがわざわざ
 「近隣諸国の皆さま、問題にして下さい」と言っているようなものじゃないですか。
ふつー、先祖の墓参りを問題にしますか?
これが日本の文化・風習なんだ、と胸をはっていればいいのです。
なんで、こういうどうでもいい普通のことをニュースで取り上げるかな??
それほど、煽りたいのかな?マスコミは。(怒)

そうそ、マスコミといえば。
熊本のホテル、東京のマスコミが大量に予約で押さえているくせに
 キャンセルしたり、その連絡さえ寄越さなかったりしているらしいですよ。

イメージ 4


これに関連するまとめ記事がどこかにあったんだが、 
  あれはどこだったかなぁ?
どこ?
どこ?  (ごそごそ・・・)
なんせ、超大型の0型だからな、やることが大胆(いいかげん)なのよ、私。

政治家のことは徹底的に叩くくせに、
  身内のことはやりたい放題で、たとえ問題にされてもスルー。
マスコミってお気楽でいいですね~~~。
超大型の0の私でも呆れるわ。

時々、「地震災地・マスコミによる被害のまとめ」サイトを見ますが、
  まだまだ次々に書き足されて行くような気がします。
こういうサイトを運営されている方、まだ、〆ちゃだめよ~。
復興するまで被災地なんだから。