キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

省略と強調=テレビ

「私の政治資金に関しまして、さまざまなご指摘を受け、
 都民の皆様はじめ、たくさんの方々に
 ご心配とご迷惑をおかけしていますことを
  心から深くお詫び申し上げたいと思います……」

これは、金曜日の舛添都知事の会見での弁。

いつも思うのは、この「ご心配とご迷惑という順番です。
「ご心配」って、
  「言っている本人への心配」というニュアンスが含まれているようで
   いつも不快なんですよね。
謝るなら
 「ご迷惑とご心配」の順、もしくはご迷惑とご不安」だろうと思うのですが。

誰も舛添自身の心配なぞしちゃいね~よ!(笑

で、この会見、2時間強あったそうですが
 結局のところは会見は「第三者委員会に委ねたい」が結論のようで、
 たいした中身はなかったようですけど。
    (残念ながら、ここんとこあまりニュースを見ていない)

そばを3人前注文して「領収書は20人分にしてくれ」だの
 秘書の新幹線グリーン車切符を換金だの、
 あらゆる不正が出て来ているようで、
 マック舛添はマックロ舛添に焼けて来ました。
一日も早く都知事の椅子から下りていただきたいです。

が!TBSもTBS。
一昨日、
 「舛添都知事“韓国優遇”内部資料 都有地貸し出しで新事実」
で、都内の外国人学校の充足率について書きましたが、
 この舛添の「韓国人学校優遇」について
 「韓国でなく、都民のために使うべきだ」などの批判が延べ7450件も来た
 わけですが、

 「高額出張費、韓国人学校…都庁に批判1万件超 職員悲鳴」
    都庁への問い合わせ
   
 1、 韓国学校7450件 
    2、 高額海外出張費問題:4200件 
     3、 公用車使用:1800件
    4、 政治資金疑惑:480件


TBS「ひるおび」は1位の「韓国学校問題」はなかったことにし、
  1位は、「高額出張費問題」だそうです。

イメージ 1

この情報操作はなんなんでしょう?
韓国学校については文句を言ってはいけない、ってことでしょうか?
そこは聖域なの? あはは 

イメージ 2

話は変わりますが、
 最近、こういうワイドショー番組で気になったこと。
次々に出て来る「2020年東京オリンピックパラリンピック」の諸問題を報じる時、
 この手の番組って
 「東京オリンピック」で切って言うコトが多い。
しかも使う映像は、滝川クリステルのスピーチや決定後の会場の絵ばかり。

パラリンピック」も付いているんですけどね。
タイトルが長ければ「東京五輪」と言えば良い。
パラリンピックのスピーチをした佐藤真海さんの絵も使うべき。

「悪いのはオリンピックの方だけで、パラリンピック関係には触れちゃあいけない」
 ように受け取れて、これはこれで差別じゃないか? と思うのですが。
気にし過ぎでしょうかね?

それと、
街によっては、夜の8時半でも女の子が一人歩きをするのは危険な所もある
 というのも、テレビでは言ってはいけないんでしょうか?

どこがタブーなのか、どこを抑えるべきなのか、
 テレビの手加減・さじ加減が理解出来ません。

似顔絵を上手くかくコツは、「省略と強調」だそうです。
今のテレビの作り方を見ると、
 「その法則にピッタリ!」と感じずにはいられません。