キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

中国、蓮舫、ラーメン屋。おまけ初鹿。


イメージ 1


これは、日本の温浴施設「大江戸温泉物語」ではなくて、中国のソレだそうです。
 完コピ。 (-_-;)


もう~、マジ、中国も(!)嫌いだわぁ。
「騙される方が悪い」ってのが当たり前の国ですからね。

それに、うちの職場近くの中華料理屋は、ランチ時も喫煙OKですよ。
今時そんな店はない!って。

中国から来た(?)ラーメン屋も嫌い。
うちの近所のラーメン屋はどこも小汚い店ばかりで、厨房の汚さが想像出来る。
しかも、一昨日新潟で発生した大火事では150軒も延焼させてくれました。

「安い!早い!」店に、高い意識を求める方がおかしいのか?
一昨日は大宮でも「いきなりステーキ」なんていうおかしな名前の店も
 大火事を起こしましたしね。
「いきなり黒焦げ」かい?ってね。 (冗談言ってスミマセン)

とにかく、お安いお店にはそれなりの人、モノしかない、ってことでしょう。
それにしても、火事は怖いです。
大迷惑です。
死んで保険金でお詫びをしてもらいたいが、それでも足りない。
ってか、こういう店主は保険にも入っていないんだろうなぁ。
どうしてくれるんだ!?このラーメン屋!

もう話がヤツ当たり的な展開になっていますが、中国といえば、この人。

イメージ 2

週刊文春12/29号 「嫌われ蓮舫と11人の踏み台男」 )

イメージ 3

夫を「ハゲ」と呼び、「金スマ」では
 「家では、夫はペット以下」と小ばかにした蓮舫
じゃあなぜあーたは村田サンと結婚したの?国籍のため?
 と思っていましたが、
 これを読んで二人のなりそめについて少しはわかった。
あの番組が蓮舫からの売り込み、というのもわかった。

節操も無く、その場その場で態度を変え、
 人を飛び石にして世渡りをしてきたこともわかった。
小池百合子とおんなじだ、とも思った。

こんなんじゃ誰からも信用されなくなるよ。
騙される方が悪いって根性は、生まれついてのものなのかもね。
しょうもない中国女だなぁ、と、日本人のオバサンは嘆息ですわ。

あ、「週刊新潮」の方にも民進党のバカ男の記事がありますよ。

イメージ 4

その名前は、初鹿明博
わたしゃ、政治家の不倫はどうでもいいんです。
ちゃんと仕事をしてくれているのなら、お好きなように、です。

ですが、この人の場合は完全にセクハラであり、婦女暴行の疑いです。
これ、どうしてワイドショーで扱わないんですかね?
視聴率取れると思うんですけど。