キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

本当のことを言え!言ってはいけない!?

豊洲移転 急がないで」
    なる投稿が、本日の読売朝刊に載っていました。
この方は、
 「移転当時の事情がはっきりしないまま移転はおかしい。
  小池知事の判断を待ちましょう
とおっしゃっていますが、いつまで待てばいいんでしょうねぇ。


豊洲移転、都の負担すでに100億円」
  だそうですよ。
しかも、豊洲移転を止めた場合
 「国庫交付金208億円を返還した上、年率10.95%の利子も都が負担」
 なんだとか。


「都議会 築地再整備案に批判「大混乱している」」
東京・豊洲市場の移転問題を話し合う東京都議会の特別委員会が開かれ、市場問題プロジェクトチームの小島座長が示した案への批判が相次ぎました。議員からは座長らを参考人として招致するべきだという声も上がっています。

この小島座長を選んだのも小池都知事

オリンピックでもそう。
小池サンは何もかも無駄に空転させて、
  カネばかりジャブジャブどぶに捨てている。
このどこに都民ファーストがありましょう。
冒頭に書かせていただいた投稿者サンのおっしゃる
 「移転当時のあれこれ」なんて、もうどうでもいい話です。
これが解明されたからって、お金が返って来るわけでも
  市場移転の何かが解決するわけでもありませんから。

小池はこれをいつまで引っ張るのか!?(もう敬称略)
この方、お昼は都庁の隣のホテルで
 エレベーターを待機させてお食事をされているようですが
 このどこに都民ファーストがありましょう。
あ~、ハラたつ。

イメージ 1


話は変わりますが、大分市の私立中学で
 体育の授業中に亡くなったお子さんのご両親が
 「卒業式への出席を拒否された」と訴えているそうです。

まぁ、世の中ほとんどの方は
 「学校は酷い!」と言いますし、マスコミもその論調ですが
 以前、福田ますみさんの「でっちあげ」という本を読んだ私からすると
このご両親にもなにか問題があるんだろうなぁ、と疑うわけです。

お子さんを亡くされてお気の毒とは思いますが、
  普通は学校としてこんな対応はしない。
この親御さんに式が妨害されるとか、何かしらのリスクを予見したから
 この対応になったとしか思えません。
だって卒業式というのは、亡くなったお子さん一人のためのものではなくて
 他の大勢の生徒たちのためでもありますから、
 平穏無事に終わることが望ましいわけです。

マスコミも、片一方の言い分だけを垂れ流さないで戴きたい。

イメージ 2


似たような話で。
山本大臣が「いちばんの癌は学芸員」と発言し、問題になりましたが
 何度も書いているように
 政治家は本当のことを言ってはいけないんです。
相手の思うツボにはまりますから。
言いたい気持ちはわかる。
だって本当のことだもの。

続きを書きたいが、時間がないのでこのへんで。  <m(__)m>