キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

ここだけの話

 先日、北海道の病院の救急患者を搬送しようとした自衛隊機が
     山中に墜落しました。
   痛ましい話です。
   その患者さんはその後どうされたのでしょう?
   いや、それよりも
     何歳の患者さんで、どんな状態だったのでしょう?

   結果論ではありますが、
    たった1人の命のために4人もの命が奪われたという結果に
    ジレンマ・・・、理不尽? 整合性がとれない?
       いやぁ、言葉が見つからないわ。
   というとこの患者さんに失礼ですね。
   ご本人やご家族が一番辛いでありましょう。
   それはわかっちゃいるけど、安易な「ドクターヘリ」の使用はいかがなものか
    と思います。
  
イメージ 1

 
 皇族のお嬢様が婚約間近なんだそうです。
   おめでたい話で嬉しいですね。
   このお二人の顔を見て、私が感じたのは
   
     ○ 「雰囲気が似ているな。お似合い」
          ※ カップルは似た相手を探す、と言います。
            このお二人は顎のあたりがそっくり
     ○ 「やっぱ、大学時代に相手を見つけないと婚期は遅れる」
 
   ゲスな感想で申し訳ありません。
   以前から何度も書いているように、
    大学は勉強するところでありますが、結婚相手を探す場でもあります。
   これを逃がして社会人になると、それどころじゃなくなる。
   学生が勉強しなくなった今 (私もしちゃいなかったが。あはは)
     せめて大学で結婚相手くらいみつけろよ、と。

   この皇族のお嬢様の婚約を機に、
    「結婚はクリスマス前に」が流行るといいですね。
     ※ 「クリスマスケーキはそれを過ぎると売れ残り」 = 昔の常識

イメージ 2


○ 結婚はやはり早い方がいいと思います。
    「結婚式の余興を友人に頼もうと思ったら
      海外赴任組や、出張の合間に来てくれる友人ばかりで
      申し訳なくて頼めなかった。
      しかも、もう余興なんてやるノリのトシでもないし・・・」
    と、35で結婚した職場の男性が言っていました。
    本人はその友人達の結婚式の時、宴会係で奔走したそうですが。

    ま、そんなどうでもいい話ではなく、
      子供が産める時期、子育ての体力の問題もあるし、
      親に頼れるかどうかのタイミングもある。
    結婚が遅くていいことなんて一つもない。 

    似たような話で。

    うちの父は91で他界しました。
    顔が広かった父は、生前何百回ものお葬式に参列しましたが
      91で亡くなった時には、友人の姿は皆無。
    顔も見たことのない二代目三代目のご家族が来て下さいましたが、
      それはそれは寂しいものでした。
   
    「元がとれない」
       いや、そんな不謹慎なことは申しません!!
    あんなに大勢の友人達がいたのに・・・。
    皆さんに惜しまれて逝きたかっただろうなぁ、と。

    結婚、葬式は早い方がいい。
    私も「美人」と言われているうちに逝きたい。!?!?