キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

偏り過ぎにもほどがある

 これ、文科省内閣府の間でずっと事務交渉しているのが、
 両者の合意文書が、ちゃんと議事録として発表されている。
 そこでは文科省がコテンパンに内閣府にやられている。
 それを見ればわかる話。
 課長レベルで話は終わっているんです。

 前川さんはあの文書を100%信じていると言っているけれど
 部下から上がって来る文書って、正しい時と正しくない時があって
 管理職はそれをチェックしなくちゃいけない。
 あの議事録にちゃんと書いてあるでしょ? と。

 2015年6月の閣議決定があって
 2016年3月までに文科省さん、これをやりなさい、と書いてある。
 が、文科省が(何もしないで)時間を延ばして来たので、時間切れになった。

 特区法に基づいて手続きをちゃんと踏んでいるので、なんの問題もない話」

 「そういう議事録があるとか、政府側もちゃんと説明して欲しいですよね」

 「いや、ちゃんと答えている。
   それをどうやって報道するかってことですね」

イメージ 1

これ、昨夜のフジ「ユアタイム」。
加計学園問題についての 高橋洋一のお話です。
私の聞きとり能力ではこれが限界。 (-_-;)
ですが、大体、そんな話をされておりました。

ここのところ、テレビからは
 「安倍内閣は信用出来ない」の大合唱しか聞こえて来ませんが、
 こういう人を呼んで来るのは、やはりフジテレビ。
TBSやテレ朝ではありえません。

高橋氏の
 「政府側はちゃんと説明しているのに、報道の仕方に問題あり」 
 は卓見だと思います。

6/14の新聞には
「学部新設決定 正当 特区諮問会議 民間議員5人が反論」

という記事があり、
 上のサイトでは途中までしか読めないので、私が続きを打ちますが

最終的に獣医師会が「一校限定」を強く求め、
 複数校認めて良いと考えていた民間議員は、不本意な面もあったが
 「長年、提案を続けて来た今治市が妥当なことに異論はなかった」という。
八田氏らは
 「岩盤規制改革が実現したことは評価すべきだ。
  一連の経過で今後の規制改革が阻まれることを強く危惧する」と強調した。


だそうです。
この特区諮問会議議員の記者会見は
  ニュース(ワイドショー)で流れたんですかね?
夜の一部のニュースしか見ていないので、なんとも言えないのですが
 こうした「政府側」の話も流してくれないと、全くの片手落ちです。

なんだか今、「オール反安倍」の空気を感じて
 ( こんな中ではやる気をなくすだろうなぁ )と政府側に同情してしまいます。

加計学園の報道されぬ真実、
 黒幕は総理・官邸・内閣府ではない!

という岸博幸氏。
ワイドショーのコメンテーターに呼ばれているんだろうか?
こういう意見だと、出してもらえないのでは? 
 と言論の不自由さを感じる今日この頃でもあります。

言論の自由とか言いながら、全員同じ意見でまとめてしまうワイドショー、
同じ意見の街頭インタビューしか流さないワイドショー、
国会の中継も切り張り、
都合の良いニュースしか流さない。

テレビしか見ていない連中は、そりゃ洗脳されますねぇ。
こんなヘンな報道に牛耳られているって・・・ヘンな国だ。