キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

蓮舫の演技力、二流


この動画で、今一番話題に(?)なっているのが 
  開始9分あたりでのこのやり取り。

--このタイミングで公開するに至った理由を改めて詳しく 

「春に(子供が)日本でいう成人年齢に達し、そしてこの件について話し合って
きた。そして実際に7月に息子が帰国先から・・・あ。
留学先から帰国したことを踏まえて、家族で顔を合わせて話し合って、一部であれしっかりと公表してもいいのではないかという理解を得られたこと。これは私の心の中でとても大きいものがある」


日本でいう →  なぜいちいち「日本でいう」と言うのか。
 ここは日本なんですけど。

帰国先   →  留学先のはずなのに、あちらがホームだと発言。  
 慌てて言い直す。 
 
笑えますね。

また、わたし的に一番面白かったのは
 1時間5分後あたりの
 「蓮舫サンは三重国籍ではないか?」の質問への返答の部分。
蓮舫サン、明らかに動揺している。

違うなら「笑止千万!違いますよ!」、で否定すればいいじゃないですか。
なのに、「どういうことですか?」と聞き返し、
 相手の再度の質問の間にどう対応しようかと時間稼ぎをしている、
 としか見えないんですけど。

質問した産経も産経で、蓮舫に問い詰められると
  「いや、ネットで言われている情報で・・・」 などと曖昧にはぐらかす。
いや、違うでしょ。
タレント時代、蓮舫自身あれほど
 「私は中国籍」 あるいは「私は台湾籍」と言って来たんだから。
ネット上の噂、ではないのです。
 
   (在日の中国国籍の者として・・・)

イメージ 1


昨日も書きましたが、
 今回の蓮舫の会見は、「台湾籍を離脱した」(?)というだけのもので
 疑惑の中国籍については触れていません。
そこをツッコまれると動揺・・・というのは、やはりやましいところがある、
 と疑われてもしょうがないのではないでしょうか?

中には
  「世界には、二重国籍、三重国籍の国はいくらでもある。
   日本はおかしいと思いませんか?」
などと聞く記者もいますが、そういう問題じゃないから!

政治家の学歴詐称なんてかわいいもん。
国籍が問題でないのなら、
  その程度で首になる方がおかしい。
どっちが大事だと思っているんだ!?
妙な人権派記者にはウンザリです。


こちらの「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんでも
 

村田R4の出した国籍離脱証明書によれば
通常であれば2ヶ月はかかるはずのものが
9月13日には台湾籍を離脱できていた、 ということになります。
9月6日に申請したということを村田R4が語っていたことを考えると
一週間という異例のものとなります。

写真の件といい処理の日数といい、
通常ではありえないことが起きていたことになります。

前述したとおり陳杏村、謝哲信は台湾の議会にも影響力を持っていた人物です。
村田R4も台湾にコネのある議員などいくらかいるでしょう。

そうしたところをとおして特例的に処理させたという可能性もゼロではありません。

ただ、そうだとしたところで
台湾のサイトにあった離脱証明書と村田R4が出したそれは
書式がどうにも一致していません。
これはどういうことなのでしょうか?
最悪偽造の可能性も疑わないといけないのかもしれません




などなど、不思議な「国籍離脱証明書」について書かれています。

蓮舫製証明書」
イメージ 2


「本物の証明書」
イメージ 3


これだけ疑惑が多いのに、
 これだけ世間は注目しているのに、 
 テレビは完全にスルー。
なんで?!?

昨日のTBS「ひるおび」では、稲田大臣の疑惑追及に勤しんでいたらしいですが
 「ひるおび」に限らず、
 どこの局もそうでしょう?
この擁護はなんなんですかね?


来週の、加計学園に関する国会集中審議。
質問時間配分で、与党と野党がもめて
 結局「与党3 対 野党7」になったようです。

しかし、なんでこういう配分になるのか、わからない。
「5対5」でいいじゃないですか。

しかも、いくら与党が質問しても、テレビでは放送しない。
野党の攻撃部分だけ。
それでいてテレビは、
 「説明責任を果たしていない」と言う。

やってる方もバカバカしくなりますよねぇ。
私は、
 
安倍総理に一方的に喋ってもらう(説明してもらう)=5割
その後に、質疑、=5割

が良いと思いますよ。
ブチブチ切れる質疑は時間のムダだし。

っていうか、ホント、昨日も書いたけど
私が国の政治家に求めるのは、
  外交(なので当然国籍は大事)と経済への対応であって。
こんな枝葉末節なことではないのですが。