キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

頭の中身と頭の低さ、を考える

やっぱり、政治家には華がないとなぁ。

というのが私の持論。
小池都知事の片棒を担いで成功し、調子に乗った若狭勝 衆議院議員
 新党を作ろうと動いているようですが
 言っちゃあ悪いが、あーたには華がない!貧乏くさい!
しかも声をかけているのが、細野豪志・・・。 (-_-;)

そもそも小池都知事のメッキもはがれて来ているというのに、
  昨年の小池旋風が続いているとでも思っているのでしょうか。
多分もう小池サンは、人のことどころじゃないと思うよ。

だって、10日のこの都知事定例会見でも・・・

記者:「豊洲市場の移転問題について、
    知事が公表した豊洲と築地と双方に市場機能を残す方針について、
    財源や運営費など、検討した記録が都に残っていないというのが、
    毎日新聞の情報公開請求でも明らかになりまして、
    最終判断が知事と顧問団による密室で下されて、
    そういう情報公開という知事の方針に逆行するんじゃないかという指摘も
    あるんですけれども、その知事のご所見をお願いいたします」

という質問に対し、

小池 「情報というか、文書が不存在であると。それはAIだからです
     私がそれぞれ外部の顧問から、それからこれまでの市場のあり方戦略
     本部、専門家会議、いろいろと聞いてきました。考え方を聞いてまいり
     ました。
    
最後の決めはどうかというと、人工知能です。
    人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということで
    ございます。回想録に残すことはできるかと思っておりますが、
    その最後の決定ということについては、文章としては残しておりません。
    政策判断という一言で言えば、そういうことでございます」


私はAIだから」・・・マジですか?
小池サン、頭は大丈夫か?と思いました。

これについては、橋下徹も 「この意思決定は大問題」と呆れている。

パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんでも

AI知事誕生
 小池知事は今年の5月に 石原都知事時代に東京ガスからの用地買収について
 浜渦氏に一任し、議事録が残っていなかった事を批判した上で
 「小池都政では議事録を残して情報公開する」
 と言っていました。
 さっそく自分で言っていた事を反故にしたことになります。

 小池都知事は都合が悪い質問には意味不明の答弁で誤魔化す、
 話をすり替えるということを繰り返していますが、
 この説明は普通の人には絶対に理解できない内容。
 矛盾しまくり。

と書いておられます。
ホント、誰が読んでも誰が聞いても、
 「小池サン、アタマ大丈夫ですか?」と言いたくなりますよ。
普通の人なら、もう小池新党なんぞに期待していないと思います。

イメージ 1

さて。
今日私は、3日前からの新聞をやっと読み終えました。

10日の新聞によると
河野外相 上々デビュー  英語で会談  アドリブ反論」
と、フィリピンでの東南アジア諸国連合関連外相会議での河野氏の活躍を
 ほめたたえています。

通訳を介さず会談したり、北朝鮮の外相とも接触
 中国の王氏の「失望した」の声に
 「中国には大国としての振る舞い方を身に付けていただく必要がある」と
 切り返したり、などなど。

いいぞ、いいぞ。パチパチパチ♪

ただ、王氏と握手をした際に、河野さん、頭を下げて握手をしてしまい、
 その写真が中国紙に掲載されたんだとか。
「中国が日本より格上だと印象づけられた」。

これはダメですね。
外国では握手しながら頭を下げるなんてこと、しませんから。

日本人はすぐに頭を下げる。

2013年5月に飯島内閣参与が北朝鮮を訪問した際にも
 ソンイルホとの握手で、こんな写真を撮られてしまいました。 (-_-;)
イメージ 2

握手の時には、堂々としていましょう!

それにしても。
この写真を見て思うコト。
飯島さんは北朝鮮にパイプを持っていたんじゃないの?
今回は動いていないの?

それに、飯島さん以上に、
 社民や民進はあちらに懇意の政治家、ボス?ドン? など
 お知り合いが沢山いらっしゃいますでしょうに。
なにやってんだか。
アントニオ猪木も、藤本料理人も、対話に行ったら??