キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

8.15の日本と韓国

ひと月位前の早朝、夜明けが遅くなった、と感じました。
それはまぁ、夏至から立秋に向かっているのだから当たり前の話なのですが
 その1週間後の朝、神社の境内でトンボの大群を見た時には
 夏の終わりを感じました。
季節の移り変わりは早朝に感じることが多いです。

そうしたら、なんと8月に入ると雨続き。
しかも、気温も8月とは思えない低さで、昨日は寒いほど。
今年の夏は7月で終わったのかもしれません。
あるいは、「梅雨は8月」に移動したのか?

ところで、昨日の夕方のTBS「Nスタ」。
靖国参拝に関するニュースの中の
 この言葉遣いにザラッとした違和感を持ちました。

午後3時半の時点で、
   新内閣の閣僚による今日の参拝は確認されていません

8月15のこの日、毎年テレビは
 閣僚の誰が靖国神社に参拝したか、首相はどういう対応をしたか、
 「みんなで靖国に参拝する国会議員の会」からは誰々などが参拝、などと
 さも「問題行動を起こしている政治家達」のように報じていますが
いちいちあげつらう必要、ないでしょう?
なんで、特別項目のように言うんですかね?
参拝してはいけないのか?

しかも、TBSはなにかの現象かのように
  「確認されていません」 との表現。  (-_-;)
これは、失礼だわぁ。

日本人の政治家はお参りするのが当然と思いますけど。
というか、むしろ、「日本人の証拠」の踏絵として、行って当たり前。
蓮舫のような複雑な立場の方は、絶対に行かないでしょうからね。あはは


で、その「Nスタ」で、次にやっていたのが、
 エスカレートする反日活動=韓国の今」。

路線バスの中に、慰安婦像を設置
イメージ 1


広場に500体のミニチュア慰安婦を展示
イメージ 2


今年からは新キャラクター・徴用工像も登場
イメージ 4



「徴用工像も、日本大使館前に設置するぞ」
イメージ 3


呆れますね。
呆れて呆れて、なんと言っていいかわからない。

しかし、ここで菅官房長官のように、
 「徴用工の賠償問題は、1965年の日韓協定で解決済み」と
 冷静に言って済ませてはいけないと思います。
あの国は、自己陶酔する国で、どんどんエスカレートして行くんだから。

イメージ 5

「日韓協定や日韓合意を反故にする気なら、もう今後一切、
 オタクとはなんの条約も結べない。
 国家として機能していない国、信頼出来ない国として
 世界中に知らしめてやるぞ」
くらいの勢いで、語気荒く言ってくれないと!
ケンカ腰で立ち向かって行っていただかないと!


その夜のTBS、「この差って何ですか?」。
「相性の良い夫婦、悪い夫婦は、どんな組み合わせか?」について。
結論から言うと
 「生まれ順が同じカップルが一番相性が良い」んだとか。
例えば、長子と長子、末っ子と末っ子、という風にね。

悪い組み合わせは
 3位 末っ子 × 一人っ子
 2位 長子  × 中間子
 1位 長子  × 末っ子

なんだそうです。

ですが、「この組み合わせでも上手くやる方法がある」として、
 解説の先生がおっしゃるには、
 ケンカになっても
「相手はこの生まれ順の人間なんだからしょうがない」と
  あきらめることが必要、なんだとか。
直させようと頑張らないこと、なんだとか。 

それはね、私もわかりますよ。
「諦める」というのは大事な処世術です。
それは、夫婦間に限らず対人関係すべてにおいて言えることですし、
 人間関係だけでなく、
 自分に降りかかった不幸についても言えること。

ただ、外交は違います!
今迄、「韓国はあんな国だから」なあんて諦めて来たから
 こんなことになっている。
諦めてはいけません。
ピシャリと言って、立ち向かわないと。

一方でこんな動きもあるようです。

元徴用工ら韓国政府に賠償請求、無償提供金をめぐり」
日本の朝鮮半島統治下での徴用工や遺族らが、1965年の日韓請求権協定で
日本から韓国政府に支払われた3億ドルの無償提供資金が、徴用工ら個人に
配られなかったのは不当として、韓国政府を相手取り損害賠償を求める訴訟を起こした。

そうそう。その通り。
もっともっと韓国国内でもめて下さい。
でも、あの3億ドルものお金(1ドル=360円)は
 何に使ったんでしょうかね~。