キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

支持率はマスコミが作っている!

昨日私は1万200歩、歩きました。
8/16の読売夕刊によると、
 運動のしすぎは体に毒。 速歩きがおススメ
 とのこと。
病気予防には、下記の歩数がおおよその基準になるらしいです。

イメージ 1

昨日は漫然と歩いての10200歩なので、
  たいして運動にはなっていないみたい。(-_-;)
でも、運動嫌いの私は、
  なんとか理由をつけてジム通いをサボろうとしているので、
     ( 3年前は、こんなことを書きました。
        「動物の一生の心拍数は決まっているそうなので
  意識した歩き方は (心拍数もそれほど上がらないし)、
    運動不足対策に良いと思います。
今度はちゃんと歩くぞ。

イメージ 2

ところで。
フジ・産経が19,20両日、世論調査を行ったところ
  「内閣支持率43・8%、4カ月ぶり上昇 
   不支持率は49%   自民33%に回復、民進微減7%」
という結果になったそうです。

昨日は夕方早い時間からワイドショーを見ていましたが、
 お盆で週刊誌はお休み、
 国会も夏休み、
つまり、政治ネタが何もなければテレビも政治を扱わず。
そうなると支持率は上がる、ということですよね。
どんだけ有権者がマスコミの影響を受けているか、ということだと思います。

が、今朝の朝刊にはもう、お盆明け発売の週刊誌の広告が・・・。
週刊新潮は、お盆前の今井絵理子茂木敏充の話を
  まだ引きずっている。 (-_-;)

イメージ 3

また始まりましたか、自民党バッシング。
するってぇと、これに連動してまたまたテレビがこの話題を追い、
 で、また支持率が下がる、と。 (-_-;)


一方の民進党
昨日、代表戦を報じていたTBSでは、二人の候補をこう紹介しておりました。
アイドル好き 枝野  対  鉄道好き 前原」

イメージ 4

ちゃうやん、
  なんでこんなにカワイイ形容詞を付けるの?!
「元革マル 枝野」 と 「元北朝鮮人?前原」 でしょうに。
どちらも怪しい人物に変わりなし。

出自を週刊誌ネタにするのは憚れるんでしょうか?

ですが、どこの国でも政治家の国籍ってのは重要で、
  オーストラリアでは何人も議員辞職しているではありませんか。
自民議員の小ネタよりも、
 民進や社民、共産の議員の出自を調べる方が国にとって大事、
 と思うのですが。

週刊誌はよく タイトルの上に
  「新聞・テレビでは言えない話」って小見出しをつけるじゃん。
週刊誌ならではの記事を期待しますがね。

やんない?
やんないよな~~~。
「マスコミは全部野党」だから。  (by バノン氏)