キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

ゴジラと闘うにも武器は必要

昨夜の「シン・ゴジラ」(映画)、途中から見ました。
面白かった!
ですが、皆さん早口過ぎて聞き取れない部分も多々あり。 
私の耳の老化はそっちのけで、
  (この速さでなければ、このシャクに納まらなかったのだろうか?)
 なんて、思いました。 (-_-;)
字幕が欲しかった。 
でも、それじゃあ、雰囲気ぶち壊し、臨場感は出ないんですけどね。 (-_-;)

イメージ 1

それから、
 昨日書いた、BBCが放送したトランプとのゴルフで安倍さんが転倒した件。
よおく見ると、転倒した人は白いシャツ。
本当に安倍さんなのでしょうか?
だって、安倍さんはblueのシャツでしたから。
あの日は一般客もplayしていたそうですから、もしかすると他の組? 
でも、こんなのどうでもいいけどね。

イメージ 2
ところで。
昨日のTBSの「サンデーモーニング」をみていたら
 寺島実郎がこんなことを言っていました。

韓国はトランプ大統領に独島海老や慰安婦とハグさせたが
 これは韓国が勝手にやったと思ったら間違い。これはアメリカの意志。
 アメリカの竹島に対するスタンスがにじみ出ている」

は?でしょ?
寺島サン、「アメリカの意志」って、どこにそのソースがあるんですか?

逆に、こんな記事もあるんですけど。

「米国、韓国の国賓晩餐及びインド太平洋論議に「不快感」」

それから、

「韓国メディアが、韓米国賓晩餐会に対して、
    米政府関係者が「遺憾」と言っていることを報道
 → 翌日日本のメディアは
  慰安婦ハグ・独島海老等の反日演出は
   アメリカのある種の意志があると伝える」

米国の消息筋はあの反日演出に対して
 「これは深刻な外交的欠礼」であると述べ、
 「米国としては韓国も日本も同盟国家だ。韓日間の問題に米国を引き込む
 ジェスチャーは不適切だ」と指摘した。
 続けて「お友達を招待しておいて“あなたの親友は悪い奴だよ”というメッセージ
 を与えたら、招待されたゲストは悪い気持ちしかしない」と付け加えた。』
と言っているのに、
 寺島サン、あーたが日本の足を引っ張る、余計なことを言うから
 韓国は喜んでいますよ。

寺島は反日のテロリストにしか見えません。
なぜ、妄想を垂れ流すダルマさんをテレビで見なきゃいけないんでしょうか?
これは公害です。
TBSは、とっとと回収して欲しい。

また、「風をよむ」で「軍産複合体」を扱った時には、
 岸井某氏が、
 軍事産業が拡大すると、必ず汚職がつきまとう。
  ロッキードもそう。ダグラス・グラマン事件もあった。
  ですが、議会にそれを止める力がない
と、あたかも「政府は汚職をやる(やっている)に違いない」の口ぶり。
「議会が弱くてそれを止められない」と二度も繰り返していましたからね。

独裁国家といいますが
 この「左翼独裁番組」は、視聴者が弱くて止められないです。
なんとかして欲しい。

そんなにイヤな番組だったら見るな、というお声もありましょう。
でもそれは、韓国の反日活動を看過しているのと同じです。
黙っていることは、つまり容認しているのと同じ。
なので、私は番組を見るし書きます。 (-_-;)

この「軍産・・・」の話では、関口宏
「世界が平和だったら、軍事産業なんて要らないし、
 かけたお金もムダってことになります」 と言っていましたが、
今迄、地球上から戦争がなくなったことがあるか?
お花畑の関口さん、よおく考えてみなさいよ。

それに、ゴジラが来襲して来たら丸腰で闘うの?
 と昨夜の映画を思い出したりして。 ぷぷぷ