キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

マスコミ、死ね! (何か問題でも?)

お相撲さんって、なんでこんなに凶暴なんだろう?
プロレスラーの方が大人しいのでは?

とつい思ってしまう今回の日馬冨士のビール瓶殴打事件
これは相撲界だけの内輪で済む話ではなくて、
 殺人容疑で逮捕→実刑→国外追放 でいいわ。
いっちゃあ悪いけど、日本の相撲にモンゴル人はもう要りません。
皆さん、帰って下さい!


それから、昨夜のNHKニュースを見ていたら、
 「老人ホームで 元職員 入居者殺人の疑い」いうニュースがありまして。
殺された方の
 お風呂場で何度も垂れ流し?、ふとんを何度も汚し? などのボケ状態を
 詳しく説明し、それだけならまだしも
その方の名前、顔写真、経歴、過去の評判などまで報じていました。 怒

これ、プライバシーの侵害でしょう!?
片方だけを説明すればいいんですっ!
私がこの本人だったらNHKに化けて出てやる!
家族だったら、NHKを訴えてやる!

先日も
 「座間の殺人事件での被害者報道は不要、こんなのはプライバシーの侵害だ!」
と書きましたが、
 このへん、報道する側はこれは必要な情報とでも思っているのか?
テレビ局はよく「人権」、「報道の自由」などとエラソウなことを言いますが、
  勘違いも甚だしいと思います。
ばっかじゃなかろうか?

イメージ 1

ところで。
またまたユーキャンの「新語・流行語大賞が話題になり始めました。
  「今年は『現代用語の基礎知識』創刊70周年を記念して、
  候補語の中から一般投票で「読者賞」を選出するイベント
  「ことばの選挙」も 行われる
そうですが、相変わらず大賞は、
 左巻きの選考委員がブラックボックスの中で決めるのに変わりはないわけです。
全部、投票で決めればいいじゃないですか。

昨年だったか?(1年は速いからね、いつだったか忘れた (-_-;))
 この賞で「日本死ね」が選ばれ、
 なぜか民進党山尾志桜里がのこのこ出て来て表彰を受けていました。

はぁ・・・「日本死ね」なんて言葉が市民権を得るんだ!?
お墨付きをもらうんだ!?

と思っていたら、最近、維新の足立議員の発言「朝日新聞、死ね」が話題、
 というより今度は問題になっているようです。
私は全く関心がなかったので、スルーしていたのですけれど、
 
朝日新聞のねつ造報道は“万死に値する”:最も強い言葉で非難する理由」

を読んで、「そりゃそうだ」と納得致しました。
議員が「死ね」を口にするのが問題なのなら、
 山尾が「日本死ね」で表彰台に上がって批判を
 受けなかったのはおかしい
やってることは同じこと。
なのに、片方は表彰されて、片方はバッシングを受ける
 というのはWスタンダード。
山尾も批判を受けて当然のはずでした。

足立議員もこう言っている。

なお、言葉遣いについては、私も適切であったとは思っていません。
しかし、「日本死ね」が許容される国会の現状、それが流行語大賞に選ばれるメディアに対する“異議申し立て”として、敢えて使わせていただいた。
民進あほ、を繰り返すのと同じように、問題提起の一つの方法としてご容赦をいただきたい。
マスコミの取材では、ツイートを削除しないのか、撤回しないのか、謝罪しないのか、と繰り返し問われていますが、しません、と回答している。
もちろん、朝日新聞がねつ造報道について、山尾議員が「日本死ね」を国会で取り上げたことにについて、謝罪し撤回すれば、私も撤回する。
当たり前ですよね。

そうそう。
その通り。

「朝日死ね」よりも「日本死ね」の方が大問題だし。
日本死ね」と思うなら、日本から出ていけばいいんです、山尾さん。

なんだかなぁ、やってることがおかしいよ。
足立議員に噛み付く「左」も
  ユーキャンや朝日や被害者情報を垂れ流すマスコミも。
この業界(左とマスコミ)には常識がない!」
 と思う私の方がおかしいのでしょうか?? (-_-;)