キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

だってそれは本当だから

「うっかりだった」、
  地球1周半超ガソリン代請求の「手口」とは?」
というニュースタイトルに、
 「おっ!山尾志桜里の件!?」
 と、ワクワクして読んだら、長崎の市議の話でした。(-_-;)
山尾志桜里はもっと走ってた。
地球を4~5周分。
で、「秘書のせい」と弁明していたけれど、
  その秘書が辞めてからもまだまだ走り回っていた。
このお咎めは誰がしてくれるんでしょう?
何度も書きますが、今後、山尾志桜里は何を言っても、
 「お前が言うな!」。
言う資格はないです。

イメージ 1

今一番アツい政治家、といえば、大阪市長さんでしょう。
サンフランシスコの市民団体が建てた慰安婦(売春婦)像、市に寄贈の申し出
 → それを公共物化するか否か(サンフランシスコは検討中)
で、
公共物化するのであれば大阪との姉妹都市縁組を解消する、
 大阪市長言っているのですが、
 これに対して、各方面からバッシングが来ているようです。

朝日新聞も大批判。


「社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ」
  (略)
ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。
慰安婦総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。(略)


朝日よ、おまえも言うな、であります。
自分がでっち上げた架空の話で、こういう事態になっている。
いつぞやは反省したかのようなそぶりを見せたけれど、全然反省していない。

大阪市長さんもこう言っている。


ちょっと待て」はこっちのセリフだよ、朝日新聞。吉田虚偽証言を何度も報道し、
クマラスワミ報告に発展し、国際社会では朝日の虚偽報道が真実になってる。
2014年になってやっと国内向けに訂正記事と謝罪。僕を批判する前にやることあるでしょ


全くもってその通りです。
大阪とサンフランシスコの姉妹都市縁組なんて、
   あってもなくてもどうってことないでしょ?
日本はここで意志を示さなければ、認めていることになります。
このネットの時代、「それは知りませんでした」は言い訳にならないから。
スルーしてしまったら、認めていることになるから。
ここは毅然とした態度を示さないとね。

イメージ 2


あ、朝日新聞で思い出した!

15日の日記に
 
ユーキャンの「新語・流行語大賞」で「日本死ね」が選ばれ、
  なぜか民進党山尾志桜里がのこのこ出て来て表彰を受けていました。

はぁ・・・「日本死ね」なんて言葉が市民権を得るんだ!?
お墨付きをもらうんだ!?

と思っていたら、最近、維新の足立議員の発言「朝日新聞、死ね」が話題、
 というより今度は問題になっているようです。
私は全く関心がなかったので、スルーしていたのですけれど、
 
朝日新聞のねつ造報道は“万死に値する”:最も強い言葉で非難する理由」

を読んで、「そりゃそうだ」と納得致しました。
議員が「死ね」を口にするのが問題なのなら、
 山尾が「日本死ね」で表彰台に上がって批判を
 受けなかったのはおかしい
やってることは同じこと。
なのに、片方は表彰されて、片方はバッシングを受ける
 というのはWスタンダード。
山尾も批判を受けて当然のはずでした。


などと書きましたが、朝日もだまっちゃいない


 
足立議員はツイッター、「朝日新聞、死ね」と書いている。
「死ね」という言葉には、感情的な敵意のほかにくみ取るものはない
昨年、「保育園落ちた日本死ね!!!」の言葉が注目されたが、それは政策に
不満を抱える市民の表現だ。国会議員の活動での言動は同列にできない。



言葉というのは、感情的なところからの発露だと思います。
敵意があろうとなかろうと、それが本音。
で、もし政治家が言うのが問題なら、
 「朝日の社是に不満を抱える市民」が言ってあげましょう。
これなら問題ないでしょ?

声に出して読みたい日本語、朝日死ね!」。