キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

テレビも綱紀粛正を!幼稚過ぎ!

なんでそういうことになるの!?

昨日、引退会見を開いた日馬富士
それについてのTBS「Nスタ」、テレ朝「Jチャン」の
 日馬富士の取り上げ方には、非常に違和感を覚えました。
2局共、彼はいい人、人助けのボランティア活動にも熱心、
  こんないい人が辞める・・・
といった同情的な論調。
でも、日馬富士は暴行事件を起こしたのです。
傷害事件の犯人。
なのに、なんで犯罪人がこんな風にもてはやされるんでしょ???

 「相撲界の体質を変える」だの「綱紀粛正」だのと言っていますが
 それをとりまくマスコミも、旧態依然のままで特別扱いをしているのだから
 そりゃ、あまあまになりますわなぁ。
マスコミも変わらなきゃいけません。
何度も書くけど、
 日馬富士は傷害事件を起こしている犯人なのです。
白鵬は、「その教唆」で疑われても仕方ない立場だと思います。

昨日のフジや日テレの報道は見ていませんが、多分同じ感じなのでしょうねぇ。
相撲取りだけ特別扱いは、絶対におかしいわ。
テレビ業界に常識ってものはないのか?
呆れる。
それとも、相撲協会への忖度??

イメージ 1



それから、大阪朝日放送がこんなフェイクニュースを流したそうです。

イメージ 2

実際の画像はこちら。
安倍晋三」ではなく「瑞穂の国」。

イメージ 3


朝日放送の悪質コラが炎上!CGで安倍晋三小学院が実在するかのように見せかける

本来、中立の立場で事実関係を報じるべきメディアがいつの間にか冤罪を生み出すことに加担していたというのはあってはならない事態。
「イメージ」と書けば何をつくってもいいというわけではない。
テレビ局は「安倍憎し」をこじらせて暴走しすぎだ。


ったく!やりたい放題ですね。
テレビって学生の文化祭の出し物なんですかね?
幼稚にもほどがある。

まだ、毎日新聞のフェイク記事にも触れたかったのですが時間がないので、
このへんで。