キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

相撲はもうどーでもいいので。

昨日、フィンランドからサンタさんがやって来たそうです。
トナカイじゃなくて、飛行機に乗って。(-_-;)

私が注目したのは、その飛行機の機体に書かれた「Happy Holidaysの文字。
サンタさんの飛行機なんだからMerry Christmasでもいいじゃん」と思いましたが
 最近アメリカでは多種の宗教が混在しているため
 相手の宗教を気にすることなく使えるHappy Holidaysが主流なんだとか

時代が変われば言葉も変わる、その一例ですね。

イメージ 1

わたしゃ、まじにまじに相撲にも今回の日馬富士の大騒動にも
 興味も関心もないので、ほんっとにどーでもいい。
たかが相撲取りの組の抗争、くらいにしか思っていません。
 (失礼な言い方でスミマセン)

昨日も、「相撲取りのお偉方が集まって会合」で 事実を解明??
で、どんな結果が出たのやら。

しっかし私は、
 貴ノ岩スマホをいじっていただのなんだの、そんな話ではなく
 こちらが真相だと思います。
 
日馬富士暴行事件の裏に白鵬“黒幕説” 
    初場所貴ノ岩に黒星で賜杯阻まれる」

今年の初場所。1月24日の「白鵬VS貴ノ岩」の取組。
11勝2敗の白鵬が負けると、13勝1敗だった大関稀勢の里の初優勝が決まる
大一番。結果は左肩を突き出してぶつかった貴ノ岩がわずか10秒ほどで勝った。
たくさんの座布団が飛び交う中、テレビに映った白鵬の表情は同じモンゴル人力士に優勝を阻まれた悔しさが漂っていた。


これを根に持つ白鵬が「あいつを教育しなきゃならん」と言い、
 手下の日馬富士
「先輩には礼儀を尽くせ忖度しろ!」とヤキを入れたというのが真相なのでは?
だって、スマホをいじったくらいで殴らんでしょう?ふつーの人は。

日馬富士の「貴ノ岩に礼儀、礼節を教えた」などという言い訳は
 「暴力をふるったお前が言う?」としか思えませんで。

とにかく、日本はモンゴル人にかき回されて大迷惑。

先日帰国した旭鷲山は、23日の「ミヤネ屋」で
「この件でモンゴルでは大騒ぎ。
  モンゴルの大統領から安倍総理に電話があって
  頭を下げて謝れとかなんとか新聞に出ている。
  もう国際問題になっている」
と発言しました。

そんな言いたい放題が問題になったのか?
 
元小結・旭鷲山、モンゴル大統領の補佐官職を解任される…日馬富士暴行問題の発言が原因か

という事態になっているようです。
国際問題にしているのは、誰なんでしょう?
外野からのこのこ出て来て勝手に参戦するな! であります。

あら、私も興味がないわりには随分と熱心に書いてるわね。(-_-;)
相撲はこのへんでやめておこう。

日馬富士も思ったに違いない。
だって、立件前だと退職金も満額貰えるでしょうしね。



・・・・・まだ書いてる。 (-_-;)


イメージ 2


昨日、国会では青山繁晴氏が質問をしていました。
   「北朝鮮のミサイルの精度は上がっている。
    東京に落とされる可能性もあるわけで・・・」。

そうそう。今そこにある危機
危機はもうそこにある。
相撲どころじゃないでしょ。
北朝鮮のミサイル、北朝鮮からの不審船。
民放はよくスルー出来るなぁ。
なんでこれをやらない??