キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

小、二、翁、鳩、・・・選ばなきゃよかった

豊洲市場 来年10/11 移転・開場」に決定したそうです。
今朝の新聞によると、小池都知事
 「開場後に様々な課題が噴出するよりは良かった。必要な時間だった
 と、この2年の失われた時間、失われたオカネについて自己弁護していますが、

 いやいや、共産党を利用し利用され
  自分アピールの手段に使ったあんたが悪い。
 部下の都庁職員を信用せず、いくつも諮問機関を設け、
  すべてを自分に有利な方向へと画策したあんたが悪い。
何千億円かのお金が湯水のように東京湾に流れて行った。
その弁償をしてくれ、 と私は何度も書くよ。

今でも小池さんは、都庁の隣のホテルでランチをする時、
  エレベーターを止めて待機させているんでしょうかねー。

ま、小池は、沖縄の基地問題を引っ掻き回した鳩山由紀夫と全く同じです。
この人たち、同じ星なのかもしれません。

ちなみに、この2018/10/11は大安。

私にとってのこの日は、
 「チャレンジ精神が必要になる日。
  失敗を怖れないように、失敗から学ぶ気持ちを忘れないようにしよう」
     (引用元・ゲッターズ飯田 「五星三心占い」)

あら!!、小池サンと同じ星なのかしら、ワタシ。 (-_-;)

イメージ 1

昨日、週刊ポスト
二階俊博自民党幹事長が中国人ビジネスマンに脅されていた
 の見出しに触れましたが、その記事をネット上に見つけました。
ネットって便利よね~。
 ↓

この記事の5ページ目にはこんな記述があります。

二階氏側はなぜ、自分を脅した王氏がすぐに“赦免”されるような対応を
  取ったのか。
約40箱の段ボールの中に早く取り戻したい重要な資料が含まれていたとすれば、
  どんな資料だったのか。
あるいは、二階氏側は事件が大きくなった場合の日中関係に与える影響を
  心配したのかもしれない。
二階氏は自民党きっての親中国派政治家として知られ、
  現政権の日中関係の最重要キーマン・・・・」

また、
「過去、日中間では、故・橋本龍太郎元首相の中国人愛人をはじめ、
親中派とみられた政治家たちほど、中国絡みのスキャンダルに見舞われてきた
歴史がある」

とありますが、二階も福田康夫も、沖縄の翁長、鳩山由紀夫
  中国のハニートラップに引っかかっているんじゃないのぉ!?
男ってバカよねぇ~~~!!

で、二階は
この12月24~29日の日程で与党訪問団を率いて訪中を予定」しているんだとさ。
また行くんですよ、大訪中団を組んで。中国詣。


これら中国に取り込まれた政治家は、とっとと引退して戴きたい。
それが国益にかなうというもの。

自分ファーストで、
 自分のため、自分の生活のために政治の世界に縋りつく人間は不要です。
男も女もね。