キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

2017年もあの国の話で終わる

 いよいよ2017年も今日一日となりました。
毎年思うことですが、
 昔の盆暮れのゴミ収集は、2週間お休みでした。
今は1週間もたてば収集に来て下さる。
スーパーだってデパートだって、元旦だけお休みで
 2日になれば開く。
便利な世の中になったものです。
ありがたやありがたや。

その反面、12/21の読売にも出ていましたが
 お正月の人手不足解消のため、バイトの時給2000円はザラ。
日本人学生が集まらないので、ベトナム人などの留学生を
 かき集めているのだとか。

ですが、うちの子供によると
 29日以降の居酒屋は、都心に行けば行くほど空いてるよ」
 「カラオケもガラガラ。待ち時間ゼロ!」
だそうで。
それだけ東京脱出の方が多いということでしょうが、
  だったらもう年末年始はお店を閉めちゃえばいいんじゃない?

コンビニの売り上げ高は、
 前年同月比6か月連続マイナスだそうですが
 だったら、人手不足なんて言っていないで、お店を淘汰すればいいんじゃない?

などと、いろいろ思う年末です。

イメージ 1

昨日の朝刊の見出しには驚きました。

「痛惜の念 陛下意向  日韓の歴史 気持ち伝えたい
天皇陛下が1990年、当時の盧泰愚・韓国大統領を迎えた宮中晩餐会のお言葉で、日韓の歴史に言及しながら表明された「痛惜の念」は、陛下のお気持ちをくみ、政府が盛り込んだ表現だったことがわかった。

 当時の首相海部俊樹氏(86)が読売新聞の取材に明らかにした。このお言葉は、昭和天皇が84年に伝えた「遺憾」よりも、踏み込んだ表現を求めていた韓国側に高く評価されたが、政府は内閣で調整したという説明にとどめていた。

 盧氏の日本への公式訪問は、韓国大統領としては84年の全斗煥氏に続いて
2人目で、平成では初めてだった。84年当時、昭和天皇宮中晩餐会で、全氏に「両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾」と伝えたが、韓国側には「誰の責任か不明確だ」と不満が残った。6年後、盧氏の来日が決まると、韓国側は天皇陛下のお言葉でより踏み込んだ内容を求めた。
 
 日本側には、与党の自民党を中心に「政治の利害にかかわることで、天皇陛下の言葉を借りるべきではない」など、政府に慎重な対応を求める声があり、政治問題化した。
 
 最終的に陛下は、90年5月24日の晩餐会で「我が国によってもたらされたこの不幸な時期に、貴国の人々が味わわれた苦しみを思い、私は痛惜の念を禁じえません」と述べ、日本の責任をより明確な形で表現された。
 
 このお言葉を韓国側は高く評価。盧氏は晩餐会から2日後の記者会見で「極めて意義深く受け止めた。過去の不幸な歴史は一応決着した」と発言した。
 
 海部氏によると、当初は天皇の政治的行為を禁じた憲法規定をを踏まえ、
「国政の最高責任者である首相が陳謝すれば十分で、陛下が歴史問題に言及される必要はない」と考えていた。だが、韓国側の要請に加え、宮内庁を通じ、
「過去の歴史についてきちんと気持ちを伝えたい」という陛下の強い希望が伝わり、有識者の助言を得ながら自ら調整に関わり、お言葉の文言を政府で決定したという
 
 政府はこの陛下のお言葉の作成過程について、国会の答弁で「宮内庁と外務省が協議し、最終的に内閣が調整している」と説明していた。当時、官房副長官として調整にあたった石原信雄氏も取材に対し、海部氏と同様に「『痛恨の念』は、
宮内庁を通じて伝わってきた陛下のお気持ちを生かした表現で、官邸からお願いして述べていただいたのではない」と話した。
 
 憲法下最大限の意思表示
天皇陛下が韓国側に伝えられた「痛惜の念」は「天皇は、国政に関する権能を有しない」と定めた憲法4条を踏まえつつ、象徴の役割を果たすため、考え抜かれたギリギリの表現だった。
 天皇の政治的行為を巡っては様々な意見があるが、政府は国民の間にある意見の対立がある政治的な事柄に影響を及ぼす行為は避ける形で、天皇を補佐してきた。
 海部氏は憲法4条との整合性に最も頭を悩ませ、お気持ちの表現で専門家の助言を仰いだと明かす。「痛惜」とは心から残念に思うことで、海部首相が当時表明した「謝罪」とは異なるが、天皇のお言葉だからこそ、その重みが伝わった。
 陛下は憲法上の制約を意識しながら、日本の象徴として伝えるべきお言葉を模索されてきた。高齢化社会における省庁の務めの在り方を問うため、昨年8月、退位の意向を示唆されたお言葉もその延長線上にある。



やっぱりね。やはりそうだった。
天皇陛下が「(退位までに)韓国に行きたい」とおっしゃっているが
  「謝罪したい」のでしょう。
アジア諸国から国賓が来ると、皇居で何度も謝罪されている。
ですが、言質を取られ利用されるような国には
  出向かれないほうが国のためです。

現に、韓国は
慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した2年前の日韓合意について、
 「被害者の意見を十分に集約しなかった」、
 「非公開の合意があった」等と批判する検証結果を先日発表しました。
韓国では外交文書は原則30年間非公開とされていますが、
 わずか2年で交渉過程を公表。

韓国の文在寅大統領は、
 「この合意では慰安婦問題は解決されない」として
 今後韓国政府は日本に対して、協議のやり直し、
 さらには合意の破棄を提示する可能性を言っています。

何を言っても、歴史をねじ曲げ、自分達に都合よく解釈し、
 「合意なんて前政権がやったこと」を言い続けるのなら
  前進やら解決やらは一切見込めないことになります。
こんな国とまともな外交が出来ますか?

天皇陛下におかれましては、くれぐれも韓国だけには
 足を運ばれませんように。

中国でチヤホヤされた二階幹事長は、今回のことに対し

相手が自らの立場のために一定の主張をしたとすれば、
 こちらが理解するぐらいの大きな腹構えがなければ、
 近隣の国と円満に進めていくことは難しい」と述べ、日本側の努力を促した

中国からのご教示でしょうか? (-_-;)

ですが、
 日韓合意、首相「1ミリも動かず   

安倍さんには、この姿勢を崩さず、貫き通していただきたいものです。

いろいろあった2017年。
皆様には、今年も大変大変お世話になりました。
ありがとうございました。

来る年が、皆様にとって、日本にとって、そして私にとっても
 よい年になりますように。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

イメージ 2