キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

よどみに浮かぶうたかたの方々

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。
世の中にある人と栖(すみか)と、又かくのごとし。


民進党や、希望の党の議員なんてのは、
  川面に浮かぶ葉っぱみたいだなぁ、
流れに身を任せてあっちにくっついたり、こっちにくっついたり。
いや、川面というよりも「よどみ」か。

で、方丈記の冒頭を想起してしまったのですが。

希望の党には早くも分党の流れが出て来たそうですね。 (-_-;)
ま、トップがアレだったからね。
当然っちゃあ当然なんだが。

希望の党分裂、松沢成文氏ら新党結成へ 
   民進との統一会派反発、執行部側は党名変更も

政治家って、こんなにコロコロ理念を変えられるんだ!??と
 呆れてしまいます。
「党と心中する」ってな心意気はないのかね?
「政治家のサラリーマン化」と言うけれど、
  ライバル企業でも平気で転職する昨今のサラリーマンの姿とかぶります。
ホント、なさけない。
もう日本人の心意気や、武士スピリットなんてのは壊滅だわね。

イメージ 1

その「潔い精神」という話でいえば、
 ここ3,4年、ちょこちょこと出てきては「反原発」を訴えている小泉純一郎にも
 ウンザリです。

小泉元首相が熱弁「原発即時ゼロへ転換せよ」                         立憲民主党が連携を検討、3月に法案提出へ


在職時、たいしたこともやっていないくせにTBS「時事放談」に出て
 エラソウに後輩に高説を垂れる元議員のジジイ達と同じ。

これに触発されたのか、田中真紀子も参戦して来た。
安倍さんには早く辞めてもらって」田中眞紀子氏が自民党、進次郎氏、
    そして野党をメッタ斬り!」

もう黙って後輩の現職政治家に任せればいいのに、ねちねちと。
自分で手を汚さず、外から上から無責任に文句をつけるのは簡単、
  ってのは現職時に身に染みていたでしょうに。
まるで、舅・姑。
そもそもね、私が女の政治家が嫌いになったのは、
  田中真紀子が発端だったんだからね!

引退したら黙っとけ!

イメージ 2

ところで、本日発売の「週刊文春」。
小室哲哉 不倫」ですって。

文春って、なんなの!?
もちろん不倫は良くないことですけど
 外野の「文春」が正義家面して断罪する資格があるのか?と。
それぞれの家庭にはそれぞれの事情があるんですから。
それで成立している家庭だってあると思いますよ。
私の感覚では、
  「マスコミ業界が一番不倫、女遊びが激しい」と思います。
文春内だって、そうなんじゃないんですかぁ?
不倫は家庭内の話であって、読者には関係ないことですから
  もうどうでもいいです。

イメージ 3

で、その文春の「老けない最強野菜・フルーツ」って記事。
昨日のNHKためしてガッテン」でも
 「葉酸認知症を防ぐ」とやっていましたけど、

ブロッコリー、ホウレンソウ、小松菜、ニラ、豆苗・・・・

ええ、ええ、わかっていますよ。
緑の野菜が身体にいいってことはね。

ですが、レタス1個498円ですよ。
キャベツ1個398円。
ニラも1束298円。
白菜、4分の1でも298円。

野菜は肉より高い!!!

早く価格が落ちないかなぁ。
このままだと、野菜不足で認知症になりそうだよ。
まだ、引退はしたくない!!  と「生涯現役」にしがみつく。(-_-;)