キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

民進だか民主だか立憲なんとかだか・・・

昨日の参院の代表質問。
民進党大塚耕平代表は冒頭で、自分ちの名前を
  「民主党新緑風会を代表して」と言い間違えたそうですね。 あはは
多分、緊張されていたんでしょう。(棒読み)

で、彼はそこで
 イージスショア導入に、近隣国が懸念を表明して
 いる。このような武器が専守防衛の範囲内か?」
という質問を致しました。

わたしゃ、
 (んなに隣国に気を遣って、配慮してあげている国があるだろうか?
  こんな姿勢で防衛が出来るわけがない)
と思いました。
民主党、もとい!民進党サンは、
 お隣が「そんなの不快だ。やめてくれ」と言ったら、そのまま言いなりになりそう
 ですね。
だから、民主党政権時にあちらに迎合するようなことばかりやっていたのでしょう。


イメージ 1


昨日、日比谷公園内に、こんな施設がオープンしたそうです。

竹島尖閣資料館がオープン 東京・日比谷公園 「日本固有の領土」訴え」
政府は25日、島根県竹島沖縄県尖閣諸島の関連資料を展示する「領土・主権展示館」を東京・日比谷公園市政会館にオープンさせた。
常設施設として「日本固有の領土」であると国内外に訴えるのが狙い。

民進党や立憲民進、いや立憲民主?・・・しばし熟考・・・もうどっちでもいいか、
  の政権時ならば絶対にやらない話です。

去年の秋、この構想が出た時には、韓国メディアが一斉に反発しました。
今回も、日本のテレビがあちらに出向いて
 「日本にこんな施設が出来たんだけど、どう思いますぅ?」
なんてインタビューを取りに行きそうだわ。

イメージ 2

安倍総理が韓国五輪の開会式に出向くことに対し、
 あちらではやはり意地悪な見方をしているようですね。

安倍首相の「苦渋の決断」に非礼を返す韓国メディア〜安倍出席当然視かつ外交的無礼者扱いする韓国左派社説の非礼

 ○ 隣国日本ごときの首相は来て当然、来なければ不自然。
 ○ 平和の祭典オリンピックで慰安婦に執着する安倍は外交的に非礼。
 ○ そもそも慰安婦問題は長期的課題、日韓合意などまったく役立たず。

米中露の大国ならしかたないが隣国日本の首相は来て当たり前、
来ないと逆に不自然であると、完全に見下しています。
また安倍さんの「文在寅大統領に、慰安婦合意に対する日本の立場を確実に
伝えたい」と発言したことに対しては、「五輪の準備に余念がない隣国に対する礼儀でもない」と、安倍首相は外交的礼儀を知らないと断じます。


やっぱり、行くべきではないのよ。
いくらアメリカに言われたからって、日本はアメリカの属州じゃないんだし、
 韓国という相手が非常識過ぎる国なんだから、まともに相手にしなきゃいい。
行けば都合よく解釈されて、利用されるだけですっ。

イメージ 3


ところで、今日は派手な写真をバンバン載せていますけど・・・。
昨日初めて知った事実。
極寒で、電力需要がすごいことになっているそうです。


「厳しい寒さ、東電は26日も他社から電力融通へ」
東京電力は連日の厳しい寒さにより、26日も電力の使用率が一時、97%に達する見通しだとして、他の電力会社から供給を受けると発表しました

節電ですよ、節電!
忘れていませんか?節電!
クリスマスじゃないんだから、こんなにイルミネーション、必要はない!

日本人はすぐに忘れますよね。

節電も忘れるし、
 民主党がどんなに酷い政権だったかも忘れている。
なのに、その残党が立憲民主と名前を変えた途端に
 まるで「夢のような新党」であるかのように、息を吹き返させている。
懲りてないですね。
なんでもかんでもちゃんと記憶しておかなくちゃ、また悪夢を繰り返しますよ。