キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

文句ばかり聞いていると不幸感が増すわ

日曜日のTBS「サンデーモーニング」。
司会の関口サンはインフルエンザで欠席でしたが
  司会が誰になろうとも、相変わらずの路線。
茂木大臣、香典」は報じるけれど、
 希望の党玉木雄一郎小川淳也立憲民主近藤昭一らの香典代
については触れず。
なんでこれも取り扱わない?国会で取り上げないから?

わたしゃいつも思う。
与党は上品過ぎるんですよ。
茂木大臣について質問されたら
 「オタクの党の○○サンについてはいかがなんですか?」
 と逆質問すればいいのに。
そうすれば、テレビはイヤでも扱わなきゃならなくなる。

茂木だけじゃない。
玉木も、小川も、近藤も、大西健介岸本周平、山尾志保同じ穴の狢。

それにしても、「サンデーモーニング」は酷いです。
報道の自由」の悪用でしかない。

イメージ 1


私の被害者意識が強いからか?!?
 気のせいか?
 これについてもあまり報道されていないような???
 
「2/4の沖縄 名護市長選で 新人の渡具知氏 当選」。
自民党公明党日本維新の会が推薦する新人で元市議会議員の
  渡具知氏が当選されました。
接戦と言われながらも、蓋をあけてみれば3000票の差。
800票差、1万票の無効票を出した山尾志桜里の当選とはえらい違い。

2/3に「稲嶺陣営の応援が酷い」について
 あるツイッターを引用させていただきましたが、
 こんなのがまかり通る名護市って(沖縄って)、
 どうなってんの? であります。
稲嶺サン お疲れサマでした、
これを機に政界から引退し、ゆっくりなさってくださいませ。

でも、こういう候補者が次から次へと出て来るんだろうな、沖縄には。


それから、こういうのも報道されませんよねー。
「年金運用実績 6兆円超黒字」
  GPIFによると、2017年度の第3四半期の公的年金の運用実績は、
  収益率が+3.92%で、6兆0,549億円の黒字だった。
  プラス運用は、6四半期連続となる。

まじ、
 ガソリンが値上がりすれば消費者の「困る」を取り上げ、 
 値下がりすれば、ガソリンスタンドの「困る」に焦点を当てるテレビ局。
こんな報道ばかり見ていると、不幸感しか生みません。
報道のスタンスが
 「庶民の側に立って」、「視聴者の不満を代弁」だとしたら、
 そもそものそこの原点が違うと申し上げたい。
だって、1億人いれば1億の不満があるんだから。
テレビは文句ばっかし言ってりゃいい、ってのは間違ってます。
だから、日本人は考えが幼稚になるんですよね。
ホント、子供だ。

嬉しいニュースもちゃんと取り上げましょう!

イメージ 2


昨日、佐賀で自衛隊のヘリが墜落しました。
不時着ではなく、落下です。
朝日のタイトルはこう。

「負傷女児、ショックで口数少なく ヘリ墜落、震える住民」


確かに、女の子はケガ以上の相当なショックを受けたと思います。
物損については補償出来ますが、心の傷は簡単には癒えませんから。
ですが、このタイトル・記事内容はどうでしょう??
お二人、亡くなっているのに、それには全く触れず。
こんな新聞を購読する人の神経を疑いますわ。

あ、それから。
これもちゃんと報道してね。

「平昌スタッフ宿舎で"食中毒"」
平昌五輪のスタッフが泊まる宿舎で食中毒の症状を訴えるスタッフが相次ぎ、およそ1200人に食事の提供を見合わせる事態となっています。
 「大会の組織委員が泊まっている宿舎ですが、いくつか食品がまとめて廃棄され、食堂の中は消毒されている状態です」(記者)

 大会の組織委員会などによりますと、食中毒が発生したのは、主にセキュリティを担当する運営スタッフが泊まる宿舎です。4日、41人が下痢や頭痛などを訴え、このうち20人がノロウイルスに感染している疑いが強いということです。
症状を訴えているスタッフは、ほかのスタッフと接触しないよう、宿舎内に隔離されています。

組織委員会は、「不足する人員は、軍の兵士に応援を求める」と話していて、感染源が特定されるまで、この宿舎は、滞在しているおよそ1200人への食事の提供を見合わせています。平昌オリンピックでは、2000人を超えるボランティアが、待遇の不満を訴え辞退するなど、ずさんな運営管理が表面化しています


 ↑この記事には「20人がノロウイルスの疑い」とありますが
   記事によっては「30人」としているところもあります。
今後、患者の数は増えはしても減ることはありませんから、
  これが選手まで広がらないように、と祈るだけです。
これが北朝鮮テロであっては困りますしぃ。


でも、だから、不衛生な国に行くのはイヤなのよね。。。
  私はタダでも行かない、韓国、中国。
タダでしか読まない朝日と毎日、東京新聞
タダでも読まない赤旗、前進・・・。