キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

平昌五輪・・・(-_-;)

昨日、ジムのランニングマシンの上で
 「平昌五輪・スノーボード男子」を見ていたら国武大晃選手(16歳)
 が滑り始めまして。
実況のアナウンサーは
 「今日は彼の誕生日です。(誕生日にあやかれ!)」と言いたげだったのですが、
 私にとっては誕生日にいいことなんて起きていません。
むしろ、誕生日月は交通事故にあったり、踏んだり蹴ったりなのです。

なので、かどうかは知らんが、国武選手は着地に失敗し転倒。
その瞬間、見ていた私までマシン上で転倒しそうになりました。(-_-;)
やっぱり、誕生日ってそんなにいいことないわよ。
神さまから「修行しに行ってこい」って追い出された日なんだから。


イメージ 1

最近、ジム通いを再開しました。
なぜかというと、先月の健康診断で
  「総コレステロールが240」もあったからですぅ。

いえね、体重は48Kg、 BMIは19.9で、そこは大丈夫なんですけど
 これ捨てろーる・・・・ もとい!コレステロールがやばい!
悪玉の方(LDL)も123もあるしね。
運動で減らせるのかどうかは知りませんが、やっぱ、身体を動かさなきゃと。

五輪の選手の皆さんは、きっと健康診断も優秀な成績なんだろうなぁ。

イメージ 2


で、その平昌五輪ですけど。
やはり、

五輪開会式後 深夜に観客大混乱「電車は終わりました」
珍富(ジンブ)駅はこちらへ」。
スタジアムを出ると、最寄り駅へと誘導された。駅まではシャトルバスで20分ほど。バス乗り場には、あっという間に200メートル以上の大行列ができた。

気温は零度を下回り、冷え込んでいく。音楽を流して楽しむ団体もいれば、イライラし出す人も。遅々として進まない行列に、ある米国人男性は「
輸送で、五輪の評価は決まるよね」。1時間かかってバスに乗った時には、日付が変わっていた。
午前1時になろうとするころ、駅に続々と、満員のシャトルバスが到着した。東海岸の江陵(カンヌン)駅を目指す人が多い。だが案内する警察官の答えは「もう電車は終わりました」。思わずみんな天を仰ぐ。駅内にある出発時刻の案内画面も消えてしまった。


この記事に「輸送で五輪の評価は決まる」とありますが、
 ホント、昨日「2020年の東京五輪の輸送手段は大丈夫ぅ?」と心配した通り
 嫌な予感しかありません。
小池サン、あーたのせいなんだから、責任もってちゃんと対策を考えてよ!


ところで。
2,3日前の夕刊にこんなコラムがありました。
スマホは極端な低温下では電源が切れるそうです。
で、平昌では、
  「電源を入れた瞬間、残り93%あったバッテリーが即座に落ちる」。
で、記者の皆さんはスマホにカイロをあてて使っているんだとか。

先日、「超高温のカイロ発売」のニュースがありましたが、
 平昌にはこれ、必須ですね。

でも、記者の皆さん、ガラケーの方が低温に強いかもしれませんよ。
ガラケーにしなさいよ、ガラケーに!
  (と、ガラケーユーザーは言う)

あら、もうこんな時間。

サンデーモーニングで、平昌五輪開会式をやっている・・・。

あ、あれが人面鳥なのか。初めて見た。
虎?龍?
全部気持ち悪い。

しっかし、開会式も北朝鮮も結構だけど、
  あれからノロウイルスはどうなったんでしょう??
ニュースでちゃんと報道してる??