キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

五輪で「やっぱりね」と再認識

「ジャンプ 団体6位 葛西 『4年後も絶対出ます』」

今朝の朝刊のこの記事には呆れました。
この成績で、しかも「風のせい」と言い訳ばかりで、
  何をおっしゃっているのか。
個人が趣味でやっているのとは違う。
後輩に道を譲っていただきたいです。

葛西以外、有力な候補がいない??
そりゃ、先輩が前に立ちはだかっていては
  後輩のやる気も出ないでしょうよ。
年齢で言っている話ではありません。
こうして数字で出ている以上、謙虚に考えるべきです。
葛西さん、おつかれさまでした。

イメージ 1

「スポーツと年齢」で言うと、
 韓国では
「小平選手があの年齢で最高記録を取れるはずがない。ドーピングだ」
 と叩く声があるそうです。

あのねぇ、こういうこと、
 日本での五輪だったら、日本人からはこういう声は絶対に出ませんよ。
「なんでもかんでも韓国が一番。それ以外は全部不正だ」
 とでも思っているんでしょうかね?
あまりに子供過ぎてホント、開いた口が塞がらないんですけどぉ。

折角の
 「レース後の小平と韓国の李選手との抱擁の感動シーン」を台無しに
 するようなケチをつけるのはやめてもらいたい。

ってか、私はあの場面よりも
 小平が最高記録をとった滑りの後、観客席に向かって
 (静かに!まだ次のレースがあるのよ)とでも言いたげにシーッのポーズ
 をした方に感動しましたけどね。

イメージ 2

その韓国。
土曜日のフジ「新報道2001」での西村官房副長官の発言が
  波紋を呼んでいるようです。

韓国大統領府 「西村発言は事実に反する
  
西村康稔官房副長官は16日のテレビ番組で「ムン・ジェイン大統領は安倍首相との
日韓首脳会談で、日韓合意について『破棄と再交渉はせず、財団(和解・癒やし財団)も
解散せず、日本が拠出した10億円は返還しない』と語った」と述べた。
さらに、文大統領が「慰安婦問題を最終的に解決するためには、慰安婦被害者の方々の心が癒やされなければならない」としながらも、「日本にはいかなる追加的要求はしない」と述べたことを付け加えた。
これに対し、韓国大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は17日、西村官房副長官の発言について、「事実と符合していないか、または互いに立場が異なりニュアンスの違いがある」とし、「出てきた単語の並びは似ているかも分からないが、意味が全然違う」とした。その上で「平昌冬季五輪が行われている中で、この問題がこれ以上議論に上るのは願っていない」と強調した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「会談内容を公開して」「必ず真実を明らかにしてくれ。文在寅が本当にそう言ったのであれば必ず弾劾しよう」「ニュアンスの違いはあっても発言は事実だと思う」など、日本側発表を支持する声が寄せられた。
また、「やはり和解・癒やし財団は解体して、徹底的に調査すべきだと思う」
「文政権は10億円を日本に返せ」など、文大統領が発言したとされる内容に対して否定的な意見がみられた。
その他に「単語の並びが似ていたらニュアンスの違いはないだろう」とするコメントもあった。  
http://www.recordchina.co.jp/b571917-s0-c10.html


韓国の大統領って八方美人なんですねぇ、どなたも。
あちこちにいい顔をして、自国民さえも騙す。
「こんな国を信用せよ」という方が無理でしょう??

一方、18日のTBSの「報道特集」では、
 金平キャスターが北朝鮮について
『ほほえみ外交だけには惑わされるな』というだけでは、
  あまりに一面的ではないか」
なあんて、きれいごとを言っていました。
甘い!
北朝鮮南朝鮮も同じ。
何度騙されれば気が済むのか。歴史に学んでいないのか。
僭越ながら・・・。