キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

こんな新聞・・・と思いながら読む


イメージ 1


昨日、職場で、東京新聞を読んでいたら
日報次々発見 稲田氏答弁、覆る内容 「国会軽視」野党が追及」
という記事がありました。

自衛隊イラク派遣部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を受け、
昨年二月の国会で当時の稲田朋美防衛相が説明した内容が次々と覆っている。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざんや、
裁量労働制に関する不適切データ問題でも、政府の国会答弁が事実ではなかったことが相次いで判明した。
野党側は、安倍政権の国会軽視があらわになったとして、九日に安倍晋三首相と全閣僚が出席して開かれる参院決算委員会で追及する構えだ。

というのですが、
先日も書きましたが、
  国会答弁をする大臣は役人が作った文書を読むだけ。
その文責は役人であって、大臣ではないと思います。
なのに、野党は「こんな答弁をするのは国会軽視だ」と言う・・・。(-_-;)
おかしくないですか?
大臣も騙されていたというのに。

悪いのは役人です。

それをまた嬉しそうに記事にする東京新聞
(この会社、こんな新聞取らなきゃいいのに)、と思う私も
    こんな新聞読まなきゃいいのに。 あはは

4月からの職場でこの新聞を読むようになったのですが
 それで感じたのは、「左の新聞」とは別に
 (東京新聞の記事の終わり方って、尻切れトンボで後味が悪いなぁ)
 ということ。
もしかして、作文が下手なんじゃない??
記者のレベルが低いのか!?