キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

もうバカバカしいの一言!

昨日、歩いていたら顔見知り(?)の人とすれ違った。
一瞬、(あ、挨拶しなきゃ)と思ったのだけど、どなたか思い出せなくてスルー。
通り過ぎた後。
(あ、あのおばさんは、時々駅前で街頭演説をしている共産党の人だった)
   と思い出した。
あ~、挨拶しなくて良かったわぁ!!

イメージ 1

相変わらず、毎日毎日、
 「日報が出て来た」だの「文書が見つかった」だの、
 そんなことばかりやっている日本の政治。
井の中の蛙というか、世間知らずというか、鎖国状態というか。
ほんっと、バカバカしいです。

そもそも、自衛隊の日報ってのは情報公開するものなのでしょうか?
これは軍の日記でしょう?
そこには、秘密事項も書かれているはず。
これを開示している国は、世界でどのくらいあるんでしょ?

で、一番の肝心かなめは、「日報を隠していた・見つかった」の話ではなく、 
そこに「戦闘」という言葉が書かれていたかどうか?だと思うのですが。
今はなんだか、話が本筋から逸れているように感じます。

柳瀬首相秘書官が愛媛県職員と面会したかどうか、
 ってのも、国会で柳瀬氏が(↤ 雰囲気が嫌い、遊んでいそう)
 「記憶に残っていない」なんてあやふやな答弁をしたがために
 話がおかしなことになっています。

本当に、柳瀬氏が「首相案件」と言ったかどうかは別にして、
そもそも国会戦略特区は、首相からのトップダウンの制度なのですから
 「首相案件」でも全然かまわないのです。
会っていても全然問題ないのです。

なのに、なぜか隠す。
野党からの「え~~!?」の声を避けたいために、言葉をごまかす。
堂々と言えばいいのに。
その下手な芝居が余計に疑惑を巻き起こすってのがわからないんでしょうか?

2,3日前、愛媛県知事は会見で
獣医学部はうちの県にとっては、長年の悲願でした」
と言っていました。
長年の悲願!!(この思いをマスコミは無視)

また
愛媛県知事会見要旨」
を再度見ても、
  「メモなので保存していない」
  「メモは保存義務はない」
とあるのに、マスコミはこれをあたかも公文書かのように報道しています。

なんでメモレベルのものが今出て来ているのか、私には、
 そっちの方が不思議。疑惑ですわ。



「『首相案件』バカバカしいの一言だ」加戸愛媛前知事が激白 左派メディア報道は「憲法改正潰しの倒閣運動」

「『バカバカしい』の一言だ。愛媛県が作成したメモ(備忘録)が本当だとしても、『それが何なの?』と思う。(『反安倍』勢力などによる)『最後のあがき』ではないか」

加戸氏は「首相案件」の意味について、「安倍首相は国家戦略特区諮問会議の議長として、『スピード感をもって、岩盤規制を取り払ってもらいたい』などと発言している。官僚はすぐ、『首相案件』『首相の意向だ』と錦の御旗にする」と強調し、左派メディアが伝える「加計学園ありき」の構図を否定した。


などと発言されていますが、
 ホント、マスコミって、去年の会見のあれこれをすべて「無かったこと」にして
 また1から始めたいんですかね~~。

加戸さんの国会での証言も無かった、
  「うちは手をつけるのが遅かったので」(申請却下されてもしょうがない)
 の会見も無かった、
あれは幻だよ、らしいです。

で、すべて、疑惑疑惑で押し通そうとする。
それはね、安倍さんも悪いんですよ!
居直って
 「小泉構造改革が成功していたら、国家戦略特区は作らなかった。
  国家戦略特区はトップダウンの制度だ。それが悪いか!?」
 くらいの気迫で答弁してもらわなきゃ、野党の
ぎゃーぎゃーは押さえられませんよ。

というか、あのレベルの低い輩には、何を言っても
  「聞きましたか?皆さん!
   総理の今の発言は問題ですよ!」と
問題発言のようにすり替えられるんでしょうけど。
マジ、野党って野郎党だな。


野(郎)党はクソ
こんなのも議員なんですからね。
立憲民主とやらを支持する人の品位を疑います。

あ、私まで下品になっちまいましたね。 あはは

イメージ 2

有田芳生のツイートより