キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

バカバカしいの一言!その(2)

野村修也 「首相案件に関しては、
      国家戦略特区に関係する案件ですよ、と伝えたのか
       それとも
      加計学園が総理の特別な扱いの案件ですよ、と言ったのか
       お互いに読み方がくい違ったまま論争している」

辛坊治郎 「なおかつ、同じ文書が農水省から出て来たということなのだが、
      愛媛県がこの文書を持って各省をまわっていれば、
      どこかの省からも出て来るだろうって話。
      だからどうしたっていう話だが、ニュース的には物凄い大きな扱いに
      なっている」

伊藤聡子 「 加計ありきということで野党が追及しているが、加計学園しか四国で
             手を挙げていなかったわけだから、それはセットだった。
             そこはおかしいことではない」

辛坊治郎 「違法なことは何もないのだが・・・」

イメージ 1

辛坊治郎 「で、今問題になっているのはこの一点。
       (一番下の)安倍総理は知っていたんじゃないか?と」

橋下五郎 「ずっと一連のを見ていると、官邸サイドは過剰防衛だと思う。
       なんでもすべて手前のところで否定する」

辛坊治郎 「そ。問題ないところまで否定するから、なんだよコレという・・・」

橋下五郎 「すべて正直に言えばよい」

辛坊治郎 「今年加計の獣医学部の競争率は35倍で、
      それだけ需要のあるものを作るのに52年間も・・・
      これだけ作るのに なんだ日本の規制は。本質はそこだろうと思う」

野村修也 「大学をやっている人間からすると、医学部、歯学部、獣医学部
        ついて規制があるのはおかしいという声は昔からあった」

辛坊治郎 「 文科省って一体なんなんだ?というところが本質なのに、
       そこにメディアがいかないのはどうなっているのかと思う」


昨日の朝、日テレ「ウェークアップぷらす」をつけたら
 こんなことをやっていました。
私の見た限りでは、一番まともな報道だったように思います。
(他の番組は全部、
   「疑惑あり=怪しい=倒閣」が基本のスタンスになってますから)

【この番組についてのツイッター
https://twitter.com/hashtag/ウェークアップ


しっかし、何度も言いますが、公文書でもないただの個人メモ書きが
  こんなに大問題になって・・・(-_-;)。
書かれた本人のお顔を拝見したい。
それとご本人の素性と。
こんなのが「真実」として跋扈するなら、政権の一つや二つ、すぐに倒せますね。

農水省から出てきたメモについては、4/13付け読売夕刊には
 こんな風に書かれていました。

文書を持っていたのは、課長補佐級の職員。
 前任者から文書を引き継ぎ、そのまま保有していたという。
 行政文書としては管理していなかった。

 農水省が経緯を調査したところ、この職員の前任者は
 『文書を見た記憶はなく、後任に渡した記憶もない。
  異動の際に(後任に)渡した資料の中に含まれていたかもしれない』
  などと話したという。
  愛媛県側から文書を受け取った日時や
  県側担当者との面会の有無についても不明」

前任者が「記憶にない」というそのメモ。
どういうこと?
しかも、愛媛県側のメモとは日付も違うし。(4/3 と 4/13)
ミステリーですな。
ミステリーだから、謎解きゲームの感覚でやってんですかね?マスコミの報道は。

でももうこれ、どーでもいいです。
まともな報道をしないんだからね。
いつまでも堂々巡り。
飽きた、飽きた!
次へ行って!!