キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

誰が差別しているっつうの?

今年の5月上旬、都内でLGBTの方々のパレードがありました。
そもそもデモ(パレード含む)というものが大嫌いな私。

このパレード、 エラソウにエバって歩いているが、
  何が言いたいのかさっぱりわからん」
と、5/8の日記に書きました。

強烈な違和感

ご自分達がLGBTなら、お仲間同士どこかで集まって
  パーティをすればいいだけのことじゃないですか。
なんで、警察に交通規制をしてもらったり、通行人に迷惑をかけたり、までして
 練り歩かなくちゃならないのか。
何が言いたい??
何を訴えたい??
それとも、
 こんなに自分達の立場が大っぴらに出来る時代になって嬉しい!
 と喜んでおられるのか??
だって、誰も差別なんてしていないものね。
と、このパレードの動機や目的が不思議でありました。

5月にも書きましたが、うちの近所にもゲイのカップルがいますが
  人付き合いもよく、本当に優しい方々です。

繰り返しますが、誰も差別なんてしていません。

イメージ 1


10日位前だったでしょうか。
新聞で「新潮45の広告を見ました。
その8月号の特集、「日本を不幸にする朝日新聞」の中に
  LGBT支援の度が過ぎる」 という記事タイトルがあり
 「おお!!私もまさしくそう思っていたのよ」と共感を覚えました。

すると、先日、この記事の
LGBTは生産性がない、とはどういうことだ!!」と問題になり始めました。

で、私は「全文読まなきゃ何とも言えない」と思い、買って読みました。

イメージ 2

読んでの感想は、
 これを書いた杉田さんは差別的な意識は全く持っていない、
 ということです。
「生産性がない」??
たいした文言ではありません。
 
確かに、数字的に見れば、生産性はないですよね。
生涯独身の人も、病気で子供が持てない人も
 そういう意味では生産性がない、
だって、「子供を産まない」という意味では、ゼロじゃないですか。
これはただの数字の問題です。

ですが、これが
「子供を産まないから税金を投入するのはどうなのか?」
 という所に着地すると、
 杉田さん、それはちょっと違うだろう、と思いますよ。

ですが、LGBTは弱者ですか?
普通の人ですよね。

弱者と認めること自体が差別だと思います。
その普通の人に特別に何か優遇するというのもおかしな話です。
そもそもそこが差別しているのです。

個人の自由なので、ほっときゃいいんです。

ところが、騒ぐ奴はいつも騒ぐ。

これがまた「杉田水脈は差別している」などとデモを呼び起こしているようです。
集まっているのが、共産党などの左翼諸君。
  (私は近所のゲイの人達がアレに行っているとは到底思えません)


(もしかすると新潮45
 「日本を不幸にする朝日新聞」の特集に反対するデモなのかなーーー)
 などとも勘繰ってしまいます。

5月のあのデモ、もといパレード!だって 
  こんな連中が歩いているんですもん。
一体どういう集まりなんだか??という気がしてなりません。

「くたばれ 天皇制」
イメージ 3

「安倍 やめろ
イメージ 4


LGBTの人達は、こういうデモを見てもしかすると
 「止めてくれ」 と思っているかもしれませんよ。
今回の騒ぎ、極めて「政治的ないちゃもん」だと思います。