キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

絶対に男女差はあるのよ!

今、聞き捨てならないことおっしゃいましたよ、あなた達。

先程、テレ朝「モーニングショー」を見ていたら、
 東京医大での女子受験者の入試点数操作について、
 「男女差別だ!!」と言っていたコメンテーター玉川が
 こんなことを漏らしました。

テレビ局の入社試験でも、
 成績の上位はほとんど女子が占めていて、それを採用すると・・・
    (危ないと思ったのか)モゴモゴ・・・」

すると、弁護士の住田氏が
 「あ、それはよく聞きます!
  私も一般企業の採用担当者から話を聞くと、女子の方が上位を・・・
  まっ、それはともかくとして・・・(急に話を打ち切る)」

これって、誤魔化しているけれど
 テレ朝でも、住田氏の言う一般企業でも
 男女比を考えて点数操作をしている、ということじゃないですか。
それを認めたってことですよ。

違うのは、
  医科大の場合は受験料を取っている、
  入社試験は無料、
ということだけで、「男女差別」を論点にするなら
 どちらもやっていることは同じ、という話です。

一般社会でも、点数とは別に「男女比考慮」はあるのです。

それを、「うちは東京医大とは違って男女差別はしていない」
 なんて言えるはずないだろうが!玉川!

イメージ 1

っで、昨日
  「現実的にみると、そんなきれいごとで済む?

で、東○女○医大の話を書きましたけど、
 あれで思い出したことがあります。
友人が夜間に救急であちらに運ばれた時のこと、
  担当してくれたのは医者になりたて?の若い女医2人。
彼女達、いやそのセンセイ方は、友人の患部を見た途端に 
  「いや~、なにこれ!」と言ったんだそうです。(-_-;)
信じられないでしょう?

これで友人は
 「この病院には二度と来ない!チャラチャラした女医はごめんだ!」
 と思ったそう。
私でもそう思いますわ。 

ま、それは余談だ。
置いておいて、と。

イメージ 2


昨日私は、「現実的に見れば、女医だけが増えてくれても困る」
 と書いたのでした。
夜間救急を嫌い、
 生死にあまり関わらない皮膚科や眼科の女医ばかり増えても困る、と。

そうしたら、昨日のTBSサンデージャポン
 西川史子先生が、マスコミの論調とは違った一石投じる発言をされたとか。
    (今回は、西川先生を尊敬申し上げます)


西川史子 東京医科大の女子受験者一律減点は
   「当たり前。女性と男性の比率は考えないと」

西川は「(点数操作は)東京医大に限らないです、全部がそうです」
とキッパリ。「だって、(成績の)上から取っていったら、女性ばっかりになっちゃうんです。女の子のほうが優秀なんで」と続けた。

さらに、女性医師の割合が増えたら「世の中、眼科医と皮膚科医だらけになっちゃう」と医療の現場を知る者として指摘。
「重たい人の股関節脱臼を背負えるかって言ったら、女性は無理なんです」と具体例を挙げて説明し、「(女性は)外科医は少ないです。外科になってくれる男手が必要なんです。おなかが大きくては手術はできないんです。だからやっぱり、女性と男性の比率はちゃんと考えてないといけないんです。男性ができることと、女性ができることって違う」と主張した。

私も全く同意です。

外科の手術なんて十何時間もかかるものもあるのに、
  体力的に女性が持つとは思えない。
手術中に、「なにこれ~(貧血で転倒)」されちゃ困るんです。
独断と偏見ですが、
 外科の先生なんて、派手好きで遊び好き、バリバリのけんか腰、
 こんなのバッカし。
これくらい覇気やら元気やらがないと、務まらないのです。
これに女性が適応出来るとは到底思えません。

「男性と女性が出来ることは違う」、ってことを認識しないと
 すべてにおいて「男女差別だ」になってしまいますよ。

もちろん、こういう入試の点数操作が受験生には知らされていない、
  は問題です。
詐欺だもの。
ですが、どの科の専門医になるかは、「研修医になってから」ですから
 入試の段階ではまだまだ先の話だし、
 昨日も書いたように
 「男○○名 女○○名」の枠を明記するのは、
 それこそ「女子の方が少ない!差別だ!」になってしまうと思います。

あ~、面倒くさい世の中だ。
性差があるのは当然、という風に思えないのかなぁ。
いつからこういう世の中になったのか。

医大の入試改革も必要でしょうが、
 この「差別だ!」ってのがすべての足を引っ張っているような気がしますわ。