キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

おまえが言うか?的な

「統計の取り方にもよるが・・・沖縄の観光収入はハワイ以上。
  (基地による経済効果は減っている)」

安倍さんは桜島の前で、NHKの記者を前に 出馬宣言をした。
 公正公平ではない」

先程のTBS「サンデーモーニング」で
 造園業の涌井サンや、青木理サンなどがそんな発言をしていました。

が!
「統計の取り方にもよるが」、ってそれはないでしょう?
だったら、特別な集団にアンケートを取ってもそれも可、ということだ。
  (例えば共産党の集会などで)

それに、
 「公正公平」なんて言葉、この番組が口に出来るか!?
と申し上げたいですわ。
自分達は公正だとでも思っているんですかねーーー。

イメージ 1

マスコミの「自分のことは棚にあげて」の姿勢はいたるところに。

先日、中央省庁が障害者の雇用数を水増していた件に関して、

「これを報じているマスコミにも
  「じゃあ、お宅の会社はどの程度障害者を受け入れてるの?」
   と聞きたい」


と書きましたが、やっぱり・・・

上念司「毎日新聞障害者雇用問題を糾弾する記事を書いたが     毎日は障害者を全く雇用してない」



そうです。
また、テレビ朝日
  メタタグを埋め込んで検索を回避しようとしていた!
テレビ朝日公式サイト、障害者採用ページに検索回避のタグ」


朝日に関しては、新聞の方も、
 メタタグをめぐっては、朝日新聞慰安婦問題にからむ英語版記事2本が
 インターネットで検索できない設定になっていた。 

し。
やることなすこと全部
 「あーた、他の人のことを批判出来る立場じゃないでしょ!?」であります。

もう一度言わせてもらいます。
よくもまぁ、自分のことを棚に上げて人の批判が出来ること!
その図々しさに呆れます。

イメージ 2



昨日のヤフーニュースには、こんな記事が取り上げられていました。

  翁長雄志は命がけでした」

これは翁長の奥さまへのインタビューなのですが
  闘病中~最期の様子を語り
  「彼はこれほど命をかけて頑張っていた」アピール。

ですが、
 「5メートル歩くのに20分もかかる状況」だったのなら
普通なら
 周りへの迷惑を考えて引退すると思いますけど。

そこが、自分のことしか考えない左の方のやること。

「自分はこんなに頑張ったんだ!」と、ただの自己満足。
自己陶酔。

側近も、「弔い合戦」に持ち込みたくて、引退を勧めなかった
 のではありますまいか?


おまけに、奥様、沖縄タイムスに向けて  
  「いつまでもいい新聞を作ることがこの期待に応えることですよ。
   皆さんには頑張ってもらいたい」

だそうです。

ワタシなんぞは沖縄の地元紙は全部潰れろ!と思いますけど。
あれは公平公正なメディアではありません。ただのアジビラです。

またね、
 こういうお涙ちょうだい記事をニュースに取り上げるヤフーもヤフー。
きっと、デニー玉城を応援しているんでしょう。

もちろん「日刊ゲンダイ」もデニー派。

民間の調査会社の情勢調査によると
玉城氏53%、佐喜真氏26%、未定20%だそうです。
他に日本維新の調査結果だとして、玉城氏57%、佐喜真氏21%
という数字もあります。いずれも玉城氏がダブルスコアの優勢

統計の取り方にもよるのかもしれんが (プププ)。

とにかく
 サンデーモーニングも、ヤフーも、ゲンダイも
 みんなみんな「デニーズ」。

マスコミって、どうしていつも私と好みが真逆なんでしょう??
不思議でたまらん。