キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

見方によって、こんなに違う

昨夜、テレビを付けたら
 キングオブコント2018」なんてのをやっておりまして。
その審査員席のバナナマンの日村サンの顔を見た途端に
 先週末から流れているあのスキャンダルを思い出し、
  (今、彼は針の筵状態なんじゃないだろうか?)と。
本当のところはどうなんだか知りませんが、
 例え彼に落ち度がなかったとしても、
 こういうゴシップが出ると、もう以前と同じようには見られません。
お気の毒ですけど。

チャンネルを変えたら、テレ朝で「池上彰のそうだったのか」。
池上彰も、あの「専門家による入れ知恵」、「台本」の話を聞いて以来
 ますますうさん臭さ倍増、
 「カンニング番組」の色さえ付いて、ますます画面を見る気がしません。

一度こういう話が出ると、真っ白には返れないものですね。

で、一番面白かったのは、
 「キングオブコント」の結果発表のタイミングでチャンネルを変えた日テレで
 「NHKドーモ君と、日テレのゆるキャラ・ダベアが相撲」をしているシーンでした。
結果は、日テレのキャラクターの勝ち。
キャラ的には、ドーモ君の方に勝ってもらいたかったんだけど・・・。

イメージ 1


沖縄の県知事選が過熱しているそうです。
すでに期日前投票数も伸びて来ており、
 組織が社員、組合員に投票の証拠を出させるため(?)、
「誰に投票したか、証拠撮影させている?」
んて記事も。

遠くから見ていると、沖縄の選挙って治外法権的に見えるんですけど。
違法をやっても捕まらない、ってなイメージ。
いや、私の勝手なイメージですけど、
 なんでもアリに見えてしまいます。

また「琉球新報」は
SNS 政策よりも中傷拡散 沖縄県知事」で
過熱するSNSでの選挙活動をあげ
 「デニー玉城氏に対するネガキャンペーンが精力的に行われている」
 と、片方ばかりを擁護しています。
どちらもネガキャン、やってるくせに。

でもこの記事の中の



については、
 わたしゃ、本土の左翼が全国からツイートを送っているんだと思いますよ。
なんせ、左翼は団結力にかけては日本一ですし、
 ツイッターなんて飛び道具はどこからでも投げられるんですから。
ですが、
「投稿がどれだけ広がっているかを見るリツイート(再投稿)やリプライ(返信)は佐喜真氏が6746件、玉城氏は8968件だった。告示日は報道が多数されたこともあり、リツイートも飛躍的に増えた。佐喜真氏は同じ人が複数回リツイートするなど組織的な拡散が見て取れたが、玉城氏は個人の拡散が目立った」

というのですが、
例え佐喜真さんを応援していても、
 全国のふつーの人は沖縄県知事選のためにツイートを
 送ろうなんてことは思いません。
そこが左翼の組織力です。
選挙権を持たない他県民だがイデオロギーのためにツイート、は
 左翼の組織力です。

おっと、他にも書きたいことはあったのですが
 またまた冒頭で時間を取ってしまった。時間がない!
尻切れトンボだ。悔しい。
ではまた。(-_-;)