キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

そのうち何年か後には・・・

昨日の「第38回 ジャパンカップ」、
  出場した14頭に乗る騎手を見てみると、その半分が外国人。

半分ですよ、半分!
何年か前、ここで
  「昨年の稼ぎ頭トップは、ルメールだのデムーロだのの外国人騎手だった。
   馬券を買う人はこの2人が乗る馬を買えば当たるんじゃない?」
と書いたことがありました。
その頃は、外国人騎手といえばその二人くらいしかいなかった。
ところが、このお二人のどちらかが
 「日本の競馬は運営がしっかりしている。
   賞金の支払いも期限を守るし、ごまかさないし・・・」
などと賞賛のコメントを出し、
  (外国の競馬ってのは、そんなにいい加減なのか)と思っていたら、
その声を聞いたからか、
  彼らの後を追ってどんどん外国人騎手が入ってきたようです。

そして、昨日のジャパンカップも優勝したのは
   またしても外国人騎手・ルメールでした。

お相撲業界と同じです。
そのうち、日本の競馬界も外国人に乗っ取られるのではないでしょうか。
しっかりしろ、日本人!

イメージ 1

先月だったか、

 「消費税10%に伴ってややこしい軽減税率の話が出ているが
    あんなのを言い出したのは公明党に違いない。
  なんせ、バラマキが好きな党だから。

  外国人労働者受け入れなんてのも、
    『在日外国人に選挙権を!』と言っている公明党の主張に違いない。
  安倍さんは、是が非でも憲法改正をしたいので、
    公明党の賛同を得るために機嫌を取っているのだ」

と私の勝手な思いを書いたことがありました。

一昨日夜のTBS「情報7days ニュースキャスター」を見ていたら

軽減税率についてのメディア向けの説明会で
   財務官僚が不機嫌な対応」との話がありました。
私はアレを見ていて非常に小気味良かったですけど。
で、こういう官僚が国会で答弁してくれたらよいのに、と思いましたけど。

で、なぜこんなに不機嫌なのか、という話で
  田崎史郎さんがこんな風に解説していました。

 「彼らには、やりたくないことをやらされているという意識が根底にある。
  公明党が要求して、官邸がOKを出して、
  財務省を押さえつけながら導入したのが軽減税率。
  俺たちはこんなのやろうとは言っていないよ、と

やっぱりねぇ、軽減税率なんてのを言ってるのは公明党だ。
福祉だのなんだの甘い言葉でバラマキをやりたがる公明党だ。
 (共産党も同様ですけど)

こんなことまでして憲法改正してくれなくても結構です、というのが私の意見。
公明党の言いなりになるなんて、バカバカしい!
そのうち、「外国人にも選挙権を」と言い出しますぞ。

私が死んだ後、何年後かには
 日本は外国人に乗っ取られているんじゃないかと心配です。
日本という馬をうまく舵取りする
  圧倒的に強い、良い騎手はいないんでしょうか。