キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

たった一言から勝手な想像を膨らませた

言葉って大事ですよね。
助詞のひとつでも意味がガラッと変わる。
私は駄文しか書けないので、ここの文章は別として(-_-;)
  人の文言、特にプロの一言ひとことには
   必要以上に過敏になってしまいます。


イメージ 1



昨日のNHK夜7時のニュース。

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設に向けて埋め立て予定地への土砂の投入が始まった名護市辺野古沖縄県の玉城知事が訪れ、

埋め立て予定地近くのアメリカ軍基地、キャンプシュワブのゲート前で抗議活動を行っている人たちを激励しました。

この中で玉城知事は、「決してひるんだり、恐れたり、くじけたりしない。勝つことは難しいかもしれないが絶対に諦めない」と述べ、政府に対抗していく姿勢を示しました。




このニュースを聞いて、私が引っかかったのは、ここです。

「勝つことは難しいかもしれないが」

ということは、心の中では
  「真っ当な筋でやると勝つことは難しい案件」と思っているわけですよね。
で、「これはムダな闘い」を自覚し
  ポーズとして辺野古反対をやっている、ということですよね。
「おいらはムダ骨を折っている」ことがわかっているなら、やるな!

で、県知事は反対派を応援した後、
    県の職員から説明を聞いたというのですが
    これ、公務なのか私用なのか?


それから、あの場に座りこんでいる連中へ。

辺野古反対派は、普天間はそのままでいい」ということであり、
  「なぜ世界一危険な普天間はそのままでいいのか?」というと
  そこにメリットがある、ということで。
そこで儲けている人間にとっては
  移転されると困るんだろうな、と。

普天間基地は、その土地の地主から政府が土地を借りている
  という形になっていますよね。
その借地料は年間1000億円近いものとなっています。

また、普天間にはざっと2000人前後の地主がおり、
   中には年間7000万円の借地料を稼いでいる者もいるとか。
その人たちにとっては、
 「普天間が移設されると困る」でしょうね~~~~。

私は沖縄県知事が変わる度に思うのです。
勝手な想像ですけど。

翁長も、デニー玉城も、
 もしかして普天間の地主なんじゃないの? ってね。

もしそうだったら面白いですね。
週刊誌のカッコウなネタです。あはは
・・・勝手な想像をしてスミマセン。

デニーサンってのは、ポロポロぼろを出しそうで。
期待しています。