キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

韓国はもっと謙虚になれ!

昨日の韓国の大統領の新年の記者会見、ご覧になりましたぁ?
毎度のことながら、想定内のこととはいえ、
  アタマに来ますね。
  (家族の)インフルエンザはうつされていないが、
   こっちのことで熱が出そうだわ。


イメージ 1



記者会見での質疑応答。
文大統領は好みの韓国記者だけを指名。
粘った日本のNHKソウル支局の記者を指名したのは失敗で、
 実は 「その後ろの人を指名したつもりだった」んだとか。
   (フジのニュースで、文大統領が本音を吐露している場面を見ました)

で、NHK記者が「日韓請求権協定」について質問したところ
  三権分立だからどうしようもない、だの
  日本はもっと謙虚な姿勢をとってもらいたい、だの
  日本の政治家は騒ぐな、だのと
勝手なことをほざいていました。


国際条約って一体なんなんでしょうね?
子供でもわかることでしょ?
こんな、自国に有利になるように
  ゴールポストをどんどん動かす国家は信用出来ません!

ところが、日本にもそういうこというメディアがあるんですよねー。
あの有名な安田純平サンがフリーになる前に勤めておられた
 信濃毎日」という新聞社は、
 こんなことを書いています。

日韓摩擦 冷静な対話で沈静化を
過去に結んだ取り決めも、時の経過とともに改めての評価にさらされることは珍しくない。徴用工はそうした問題の一つだ。
差し押さえにICJ提訴で対抗すれば、問題の解決はますます遠のく。元徴用工を救済するために、両政府は対話によって打開策を探るべきだ


ほら来た!、左の人がお好きな「対話」だ。

1/9に、
 「冷静に対話を」と言った共産党小池の発言について
   
それ、年末に日韓でテレビ会議をやっていますから!
それでも埒が明かなかったから、動画公開に踏み切ったわけですから。

左の人はよく「話し合いを!」なんて言いますよね。
バカの一つ覚えのように。
さもそれが万全でベストな手段であるかのように。
しかしね、話し合いで解決出来ていれば、戦争なんて起こりません。
政権を取る気もない、文句ばかり言ってりゃ政治家でいられる万年野党は
 無責任でお気楽でいいなあ、まじに。
   https://blogs.yahoo.co.jp/minakosayu2011/15819138.html

と書きましたが、今回も全く同じことを言いたい。
聞屋(ぶんや)も、お気楽でお幸せですね。
もう一度引用しますが、

過去に結んだ取り決めも、時の経過とともに改めての評価にさらされることは珍しくない。

なんてありえない話です。

人に借りていたお金を返した。
ところが何年か後にその相手に
 「あのカネを返せ!」と言われて
 信濃毎日の記者は「話し合いましょう」と言うんですかね。
「このあいだ返したじゃないか!」と怒るのがふつーでしょうが。
どうなっているんだ、信濃毎日は。
やっぱり、安田純平サンはこういう体質なんでしょうねー。


それと。
レーダー照射や徴用工についての共産党のご意見はよくわかった!
が、まだ立憲民主やら
 民進党(?まだあるんだっけ?)、社民党(?まだあるんだっけ?)やらの
 コメントを見たことがないんですけど。
なぜダンマリなんでしょうね? (棒読み)