キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

いやぁ、驚いた!!(その2)

もうひとつ、驚いたことを。
こちらの方が重要です。


やっぱり、AERAんてのは(朝日新聞ですから)
  今回のレーダー照射についても韓国擁護ですね。

朝日とって都合の良い田岡俊次なんていう論客を起用して
 「レーダー照射 韓国に強い抗議は難しい」 などという記事を出しています。
この記事によると


射撃用レーダーの照射を受けたとされる。これは、法的拘束力がある協定では「危険行為」ではない。

ソウルの日本大使館が、韓国国防省、外務省に抗議したのは騒ぎすぎ。

「広開土大王」号が艦首の対空ミサイル16発入りの垂直発射機のハッチを開いていない以上、嫌がらせ程度にすぎず、大局的に見て韓国海軍が日本の哨戒機を撃墜する危険が現実にある状況ではなかった


なんですと。

じゃあ、逆に日本がコレをやった場合、
 この田岡俊次AERAはどう言うか?というと
  「戦争一歩手前だ!」
  「軍事力増強で自衛隊をのさばらせているからこういう事態に!」
  「韓国に謝れ!」
などと大騒ぎをするに違いありません。

朝日や田岡サン方は、一体どこの国の人間なのか?と。

イメージ 1


また、こういう記事もあります。

日韓 レーダー照射問題 際立った日本側報道の異常さ。
   そのおかしさを斬る」


もう~~、読むのもしんどい。
4ページの長文だし、しかも韓国擁護の内容なので。

これを書いた牧田某という輩にもハラが立つし
 しかも、この記事を掲載している「HARBOR BUSINESS」というWEBは
 扶桑社なんですよ。

扶桑社って、最近はこうなっているの?
昨年、立憲民主・枝野の国会での3時間の演説を本にしたのも扶桑社。
 (↑ これもおかしいと思っていた)

産経と扶桑社は親戚関係(同じフジサンケイグループ)だと思っていましたが
  異端者もいるんですね。
看板に騙されないようにしなければ。

朝日とAERAは同種ですけどね。
一点の曇りもない同種。
わかりやすい。
本を購読する時の見極めに便利です。

しっかし、レーダー照射に関しても、徴用工の件でも
 なんで非のない我が国を貶めるような記事が書けるんでしょう?
不思議~~~!
首を傾げて、折れそうだわ。
執筆者の方々の、その背景が気になってしまいます。