キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

携帯に学割は要らない。

「学生 SNS動画見放題 」
「学割天国!」 
「○○○の学割」 等々、
  携帯の学割のCMを見る度に不快に思っていました。
「学生とは学問をしている人のはず。そこに『携帯』が必要か?」ってね。

この連休中、テレビを賑わわせていたのは、
  バカモンバイト(若者)が
 バックヤードでバカなことをやった動画の数々でした。

なさけない!!
本当に、なさけない!

彼らの名前はもうすでにネットで晒されているようですが、
 こういうことをやればどういう結果になるかは
 今迄の事例でわかっているはず。
なぜ学習しないのか?
それが想像出来ないほどのバカなのか?

オバサンは腹立たしくてしょうがありません。

くら寿司は、法的に訴えるそうですが
 他社もすべてそれに倣うべきです。
「このバイトは昨日解雇されました」くらいでは、なんの制裁にもなりません。
お金を稼ぐということはお金と引き換えに責任を負うということ
 という自覚を持たせるためにも
今後バカモノを産出させないためにも、(何千万円でも!)
  大きな賠償を払わせるべき。

イメージ 1


ここ数年、
 中国、韓国における欧米系の一流ホテルの掃除の様子が動画に上げられ
 問題になっていました。
例えば、
 便器を拭いたタオルで、床を拭いたタオルでコップを拭く・・・などの
 不衛生な掃除っぷりの動画です。
例え一流ホテルでも、働いている人間が三流ならば、こういうことになる。

   (なので、私はタダでも中韓には行かない。行きたくない)

日本のバカモノたちの動画を見ていると
  中韓をバカには出来ません。
うちの国も同じレベル。
ああ、なさけない。 (-_-;)

私は、今回、
 やっぱ、安い飲食チェーン店やコンビニのおでんは絶対に利用すべきではない、
 と思いました。

それと同時に、経営側には
 「バイトを減らして現場の社員を増やせ」と申し上げたい。

また、バカモノの携帯代をもっと高くして!とも。

安いから、使い放題が出来るんです。
ろくなことに使っていないんだから、彼らに学割なんて要りません。