キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

バカッターの親の顔も見てみたい

昨年大騒ぎしていたけど
 紀州ドンファンの事件、真相はどうだったの?
 若い妻は遺産を貰えたの?

という顛末も気になりますが、
  やっぱり今気になるのは
バイトテロを起こした張本人たちのその後はどうなったのか?
  ということであります。


「死ぬまで許して」の一方で6年間謝罪無しの学生も
  バカッターのその後」

「私はまず主犯格の男の子を呼びました。なんでこんなことをしたのか聞いても、下を向いてスマホをいじっていました。もう何を言っても駄目だなと思いましたね」
反省の色がまるでない様子に、純子さんはあきれたという。
 投稿の約3か月後、店は閉店に追い込まれ破産。当時の負債は3300万円。ツイッター投稿が破産の引き金になったことは明らかだった。
 純子夫人側はアルバイト従業員の多摩大生たちに計1385万円の損害賠償を請求する裁判を起こし、約200万円で和解になったという。


 
3300万の損害をだしたくせに、「200万で和解」とか、
  こんな理不尽なことがありましょうか!?!
この学生は多摩大生だそうですが、
 (多摩大の学生のレベルってこの程度なんですね)、
  と思われてしまいますよ。
大学も、学生一人一人が看板なんですから、ちゃんと管理した方がいいです。
しっかし、お店を倒産にまで追い込んだ元学生。
今、何をしているんでしょうか?
まじ、ハラが立つ!

この記事では、ITジャーナリストとやらが
 こんな暢気なことを言っているんですが

'13年にバカ投稿が多発し、6年後の今また復活している理由を渋井さんが解説する。
「'13 年当時は中高生にツイッターが普及したタイミングでした。ツイッター自体は'10年にはありましたが、中高生に流行り始めるタイミングで騒動が起きるんです。そういう意味でいうと、今はちょうどインスタグラムが中高生に普及し、流行っているタイミングですので、このような投稿が相次いでいるのでしょう。
 おそらく、次に新しいメディアが中高生に普及するまでは(おバカ投稿は)いったん落ち着くと思いますよ」



6年毎にこんなバイトテロが起きるのは想定内、とおっしゃりたいのか?
暢気だな~。

それよりも、子どもの躾ということを、
  もっと考える方が大事なのではないでしょうか?
バカッターの親は、ご自分達の躾の失敗なんですから
 ちゃんと賠償して下さい。

何度も書きますが、「スマホ使い放題学割」なんて要らないですわ。