キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

やっぱり日本人のお店が一番安心出来る

これは以前にも書いた話ですが、私の職場は
 いわゆる「ビジネス街」にあるので
  土日のレストランは閉まっているところばかり。
開いているのはnative?の人がやっている
 中華屋さんだったり、カレー屋さんだったり、韓国料理屋さんだったり。
この手のレストランは休日もやるし、
 平日も日本人がやっているお店より30分早く開店、など
  やる気が違うんですよねぇ。
働き方改革なんて言っちゃいない。

で、昨日は中華料理のお店に入ったのですが・・・。
お昼の日差しがまぶしく差し込んで来た時、お店の人はなんと
 窓側で食事中の客に一言も声をかけず、
 ロールスクリーンを下ろして行ったのです。
日本人の店員なら、傍の客に「下ろしていいですか?」と聞くとか
 「お食事が済んだら下ろさせて下さい」などと声掛けをしますよねぇ。
ちょっと信じられない。
また、厨房で中国語で大声で話しながら調理をしているのも聞こえ、
  (唾飛んでるんじゃない?)と気になったし。

昔々、新大久保の韓国料理屋に行った時、
  ビールがまだコップに数cm程度残っているというのに、
  店員さんに「モウイイデスカ?」と声を掛けられ、
 (なんのこっちゃ?)と思っていたら、勝手にコップを下げられたことがあります。
何時間もだべっているわけでもないのに。

文化の違いを感じます。
やっぱ日本人のお店が一番感じが良い、と思った次第。

イメージ 1


昨日の新聞の一面に
 「景気判断 回復は維持 一部に弱さ」(3月月例経済報告) 
 とありました。

確かに。
今年度、私の給料は賃金は1割アップしましたが
 来年度はそうはいかない。 
スズメの涙ほどのアップです。
ですが、上がるだけでもありがたい話で。
景気が悪ければ、横ばいであったでしょうし。
「回復は維持」なんでしょう。

しかし、私の定年は迫っています。
年齢には勝てない。

まだまだ働きたいなぁ・・・なんで定年があるのよ!?、と。

アジア系の会社でも、こんなルールがあるんでしょうか。
「ハタラキカタカイカク?全然関係ナイネ」なんちゃって
    規則なんて無視していそう。
今から移籍しようかな。  (-_-;)