キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

だったら、他の国で暮らしたいか!?

最近、スポーツのニュースが多いですよね~。
野球、サッカー、テニス、スキージャンプ、それからフィギュアスケート・・・等々。
   (先程も、フィギュアスケートの男子フリーを見ていましたけど
こういうスポーツは、ほとんどの場合、
 技が点数化されるのでわかりやすくて良いです。
優劣がはっきりわかるので良い!

羽生クンは、フリーでどう頑張っても二番以下でした
ここに日本人の心情を挟み込む余地はない。

と思いながらテレビを見ていて、
 何日か前のニュースを思い出しました。

イメージ 1



国連による世界での幸福度ランキング」によると
  日本は世界で58位だそうです。

「幸福度」日本は58位に後退 「自由度」「寛大さ」評価低く
世界の国や地域の「幸福度」をランキングにした国連の報告書がまとまり、日本は去年より4つ順位を下げて58位でした。
G7=主要7か国の中で最も低く、台湾や韓国を下回りました。
20日に発表されたことしの報告書によりますと、
フィンランドが2年連続で1位になったほか、2位にデンマーク
3位にノルウェーが続き、福祉や教育が充実している北欧諸国が上位を占めました。  (略)



日本の足(点数)を引っ張ったのは

▽社会的支援が50位、
▽社会の自由度が64位、
▽他者への寛大さが92位と低迷しています。

   
のようなのですが。
ま、 国それぞれの事情、
   国それぞれの国民感情、そもそもの国民性等を無視して
   同じ秤に乗せること自体がおかしい、と思います。

こういう個人個人の心情をランキングにすることか!?と思います。
だって、比べようがないでしょ?心情的なものは。
  (それは、ノーベル平和賞文学賞にも言えること)

わたしゃ、小学生の頃、
 「社会保障が一番進んでいるが、自殺率が一番高いのも北欧」
  として習いましたけど。
その後、どうなっているんでしょうか?
そのへんは国連によるこの統計には入っていないんでしょうかね?

ですが、そもそも
 「ランキングの上の国に行けば幸せに暮らせるらしい。行く?」
  と聞かれて、
  例え日本よりも上でも、私は
  中国や韓国で暮らしたいとは思いませんけどね。

何年か前に「世界一幸せな国・ブータン」という話がありましたが
 今回の調査では95位。(-_-;)
こういう統計って、それほどいい加減なものなのです。

こういうメンタリティなものをランク付けするな!
心情的なものは点数化出来ない!
 

イメージ 2

この話、しつこく続けます。(-_-;)
スミマセン。

また、先程のこの統計によると、日本は
  社会の自由度が64位
  他者への寛大さが92位

とのことですが、私なんぞは、中・高時代 
 ・コンタクトレンズを入れようとしたら親から大反対され
 ・アメリカに旅行に行こうとしたら、本家のおじさんが来て
    「海外旅行?とんでもない」と説教され

昔がたぎの家では
 ① 女性が未婚で25歳を過ぎたら「売れ残り」 → 早く結婚しろ
 ② 子供は二人はいなくちゃね
 ③ 女性が離婚したのは恥 →  出戻り
 ④ 女性が「結婚後も働き続けたい」 → 大反対

などという時代を生きて来たので、
 こんな自由な時代を生きている皆さんが羨ましくてしょうがない。
なに文句言ってんだ!?と。

日本で、こんなに自由な時代はないでしょう?
もう一度言う。
なに文句言ってんだ?!

しかしね、逆に。
私はああいう時代で良かったと感謝もしているのです。
結婚もイヤ、子供も大嫌い、仕事を続けたい・・・な私でしたが
  時代や環境のおかげで、幸せな今に至ったので。

そういう不自由な時代を過ごしていない人が
  「日本には、自由度が・・・寛容度が・・・ないんですぅ」 などと
 と言うとハラが立つ。 
「つべこべ言ってんじゃねーよ!」
  と、チコちゃんばりに吠えておきます。

こういう人は、他の国で生活されてはいかがでしょうかね?
「こんなところに日本人!?」なんて番組がありますが
  外国でいろいろ体験されるといいと思います。

私はたとえ国連基準58位でも、
 日本以外では住みたくはありません。キッパリ!