キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

食品ロスと言っておきながら・・・

テリー伊藤って、やっぱりアタマおかしいわ。

昨日の朝のTBS「ビビット」。
「食品ロス」についてやっており、私は
 (そうそう!世界で一番、食品をムダに廃棄しているのは日本!!)と
 思いながら見ておりました。
で、〆のコーナーで。

 「私達もスーパーの棚の奥の食品から取るのは止めましょう」
    ( 私:うんうん、その通り!)
 「いや、それはいいんじゃない?
  子供がいたら、やっぱり子供には新鮮なもの、良い物を与えたいでしょう?」
     (私: はっ!??? それがテリー伊藤の結論??
       あーたは、今迄の内容をぶち壊しにしている!
       今迄の説明をちゃんと見ていたのか?)

賞味期限と消費期限は違いますし、
 賞味期限を1か月過ぎていても品質にも味にも問題はない、
  と言っているのに、この発言。
ありえないわ。
はっきり言って、バカなんじゃない?テリー。
この番組でまともなのは、司会の真矢さんと国分太一だけ。
テリー伊藤はもう引退してもらいたい。

ついでに言うと。
やっぱり、日本の「食品3分の1ルール」はおかしいし、
  賞味期限ではなく、消費期限を表示するべきです。
あまりに食品を捨てすぎ!
今にバチが当たりますぞ。

イメージ 1

食品問題で言うと、今朝の朝刊一面の

 「水産物禁輸 日本敗訴 ~ WTO確定へ 韓国、規制を継続
    という記事にはガッカリでありました。
世界貿易機関WTO)の紛争処理の「2審」に当たる上級委員会は11日、
韓国による福島など8県産の水産物輸入禁止措置を不当とした「1審」の紛争処理小委員会(パネル)の判断を破棄した。日本は逆転敗訴となった。 

外務省は「負けるはずがない」と高をくくっていたのでしょう。
なに、ぼーっとしてんの!?
読売の記事では
 「WTOは日本が「同一の条件であることを示せなかった」、と判断した模様」
 とあるのですが、示せばいいでしょう!?

なぜに最後の最後まで粘らない??詰めが甘い!
でも、科学的根拠よりも情緒で判断する国ですから、
 日本も「韓国からのキムチや海産物は輸入禁止」にすべきです。
海洋汚染、寄生虫・・・ブルブル・・・私はタダでも食べない!
旅行のお土産に韓国のりを戴いたこともあるが、
  ありがたく頂戴して、申し訳ないが気持ち悪くて捨てました。

はい、ワタシ、「食品ロス問題」を蔑ろにしてますね。
テリーを批判出来ない、ですか?
でも、自分が選んだものではなく、押しつけられたものですから。
あちらの海産物やキムチは
 日本の食品の賞味期限どころじゃなく、遥かに危険であると思っています。

GWであちらに行かれる方々、
  韓国土産、うちには要らんよ。

ちなみに、私はGWも日本です。
仕事をポツポツと入れているし。
近場のあちこちを歩き回るつもり。
人が減った東京はいいぞ~~~♪