キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

いいカモにされているのカモ

あれ?今日は夕刊あるんだっけ?

昨日、ポストに入った夕刊を見てそう思いました。
世の中が「連休、連休!」と言っているので、
  ついもう「毎日が日曜日」の感覚になっています。 (-_-;)

昨日、溜まった新聞を斜め読みをし、片付けました。
その中には、ふ~~~ん、と思う記事もいくつかありまして。
例えば、こんなのどうです?

4/26の読売夕刊。
101の専門学校 留学生が9割」
  外国人留学生の専門学校での受け入れについて、文部科学省が調べたところ、留学生を受け入れている学校は全体の3分の1の871校で、
このうち101校では生徒全体の9割以上を留学生が占めていることが分かりました。
また、101校のうち45校は、生徒全員が留学生でした。


最近、東京福祉大学が研究生として受け入れた留学生のうち
 「1400人が大量失踪!」というニュースがありましたが、
 こんなのは氷山の一角、ということがよくわかりますね。
専門学校101校のうち、半分近くは生徒全員留学生!とは。(-_-;)

全部が全部とは思いませんが、もうこうなると
 「学校存続のために学生を輸入し、その後は
  行方不明になろうが犯罪人になろうが、どうでもいい」と見えて仕方ありません。
失礼な言い方だけど、犯罪者予備軍を輸入しているのです。

  ※ これだけ留学生の大量失踪があるということは、
     まともに勉強しようという気はない → 日本で稼ごう → 
     ところが見通しが甘かった →・・・・と展開はわかっていますから。

こんな専門学校潰せばいいんです。
少子化の今、文科省は学校を作るよりも潰す方向にシフトチェンジして下さい!

イメージ 1

昨日は、お茶の水女子大付属中学の悠仁さまの机の上に
 刃物が置かれていた、という事件もありました。
私がこれを聞いてまず思ったのが
 「どうして悠仁さまの席がわかったんだろう?」ということでした。
教室内に席の配置図でも貼ってあるんですかね?
もし、それが無いとしたら、教師が教えたか同級生が教えたか?
内部にスパイがいるのかもしれません。

昨日、ブログを書いている時に、
 「5/1に本当にメーデーのデモ行進があるのか?」をネットで調べていまして。
その時に「反天連のデモ」が目に留まりました。
4月下旬からあちこちでさかんにデモをするようですが
  この中に刃物を置いた犯人がいるのかも。

いずれにしても、学校の警備の甘さにはびっくりです。
これだから、外国人が日本に出稼ぎに来るんだよ。

警備は甘いわ、すぐに騙せるわ、
 例え捕まっても刑は軽いわ、刑務所は母国よりもいい暮らし、
 と来りゃ、日本はいい稼ぎ場、いいカモですよ。

しかしね、少し良いニュースも。

外国人423人を移送  母国で受刑、円滑復帰図る」
欧州評議会の「受刑者移送条約」に基づく国際受刑者移送法が2003年6月に施行されて以来、日本から各国に移送された外国人受刑者が、今年3月末時点で計423人に上ることが9日、法務省への取材で分かった。条約は締結国間で受刑者移送を可能にするもので、母国で受刑する機会を与え、円滑な社会復帰を図るのが目的。法務省は積極的に活用したい考えだ。 条約は欧州評議会の加盟国や日米など非加盟国の66カ国が締結。日本はこの条約を締結していないタイ、ブラジル、イランと個別に移送の条約を結び、ほかに中国、ベトナムとも交渉している。               https://this.kiji.is/488151839162795105?c=39546741839462401
「中国、ベトナムとは交渉中」とのことですが、                           それらが日本での犯罪人トップの国じゃん!!                                              早く締結を!                                               で、送り返した人間は二度と来るんじゃないぞ!
と、叫んだところで、ここで一旦打ち切りっす。 (-_-;)