キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

車は動く自分の部屋じゃない!

最近、交通事故のニュースが多いですね。
そこで、暴走させた運転手がよく口にするのが
   「ブレーキが利かなかった」などというセリフなんですが。
自分の過失を車のせいにして逃げている!
「日本の車はボロ」と言っている!
自動車メーカーは、こいつらを訴えた方がいいですよ。
名誉毀損です。

もう何十年も車を運転していないのでよく知りませんが、
 今、マニュアル車ってあるんですか?
ほとんどオートマでしょ?
こんなゴーカートのような車にするから、
 87歳で足の悪い人間でも運転出来るんです。
そもそも車ってのは凶器なんですから、
   使用者の方を制御すべき。

60を越えたら、免許更新の時に
  瞬発力テスト、脚力テストも加えた方がいいです。
    アタマではわかっているが、とっさに足がブレーキを踏まなかった
    ブレーキは踏んだが、脚力が弱かった、
 などというケースが多発しているんですから。

高齢者の免許更新は1年おき、というのも良いかもしれません。

ええ、ええ、私もその範疇ですんでね、
 別に高齢者いじめを言ってるわけではございません。


また、「静かな車」ってのも考えようで。
歩いていると、車が近づいて来ていても気付けません。
車は多少うるさい方がいいのです。

なにもかもが便利、ストレスがない社会、ってのも考えものだな、
 人間は身の程を忘れておごり高ぶるから、と
交通事故のニュースを見る度に、そう思います。