キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

赤坂のバー「ニュース23」。

暗い!
バーみたい!
ママは小川彩佳ですか。(-_-;)
この人、真夏でもないのに露出多過ぎ!
  雨宮サンといい、TBSは色気のある女性キャスターが好きなのねぇ。

しかも、スタジオのパイプオルガンのパイプみたいなのは何?!
カメラと出演者が遠すぎて、しかもパイプの囲みで
  視聴者よりこっちの方が優位、という差別を感じてしまう。

へぇ、初回でこれまた偏った特集・・・
  従軍慰安婦ジェンダーを絡めたことを主張している牟田和恵に対し、
  「こんな研究に科研費を出すのはおかしい」と反論した杉田水脈
   のことを取り上げるんですかぁ。

牟田和恵とはこんな人。
元「慰安婦」女性たちは、長い沈黙を破って性的尊厳の侵害にNo!と声を上げた、私たちの先達です。歴史に学んで現在を変えよう!!」

つまり、
 従軍慰安婦は売春婦」を否定した上での論を展開している人。
これって、
 地球は四角い」と言っている人に国が科研費を出しているのと同じことで。
どう考えても、こんな研究に税金を投入することはおかしいでしょう?
 杉田議員の言っていることの方が正しい。
牟田和恵みたいなのでも大学でセンセイがやれるんだから、
  日本もおかしな国です。

他にも出てくるゲストが偏り過ぎていて、やっぱりTBSか・・・と。

あ、ごめんなさいね。
これは昨夜から始まったTBSの「ニュース23」の感想です。

この番組、「あなたと『23』」などと番組のCMをバンバン流していましたが、
  あれは、
  「赤坂で『23』というバーを開きました、来て下さいね」という宣伝だったんですね。

もう行かんわ。
   
と、途中でチャンネルを日テレに変えると、明るいスタジオ!
あ~、脱出できた!救われた!という解放感でいっぱいになりました。
今迄は感じませんでしたが、有働さんもいい感じ
比較の対象が鮮明になると、価値がよくわかります。

イメージ 1


それにしても。
練馬で父親が引きこもりの息子を殺した事件。
私は昨日、どのニュースを見聞きしても
 「熊沢容疑者」と言われると脳内ではすぐに息子の方に変換され、
  父親は被害者になってしまいました。
息子の方に「さん」付けされると違和感が

違うんですよね。
そう、逆なんです。
それはわかっちゃいるんですけど。(-_-;)

こういう微妙なニュアンス、
  テレビでは絶対に言えない、言わないでしょうね。

昨日、「ニュース23」では「ネットでの分断」とか語っていましたが、
 どうせテレビはテレビで言えることしか言わないんだし、
 そもそもテレビと視聴者(ネット)とは分断しているんだし、
 もうテレビはネットを語らなくてもいいよ、と思いました。はい。