キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

あの人のルーツ、DNAはどうなっている??

先日、とある駅で「K-SHOP」というコンビニを見かけました。
「K!? 韓国のコンビニ?」とまずそれが頭に浮かび、
  あちら系のコンビニなら買わんぞ!と思ったのですが、
  後で調べたら、京王電鉄系のコンビニでした。
京王さん、スミマセン。

しかしね、ややこしい名前を付けるもんじゃない!
日本の中国地方には、中国新聞やら中国銀行やらがあるそうですが、
  名前、どうにかしたら??イメージ悪いよ。
ま、これも中国地方の方にとっては馴染みのある名前であり、
 よそ者がどーのこーの言う話ではありませんね。
余計なお世話だ。
スミマセン (-_-;)


イメージ 1
                    
昨日は、全英のゴルフ大会で日本の20歳の女子が優勝したとかで
 テレビはその帰国を待ち構えていたようです。
で、午後のワイドショーは1時間以上もえんえんと
  羽田の空港ロビーに出て来る乗客たちにカメラを向けていたとか。

防犯カメラを「監視カメラ」と言い、「プライバシーの侵害だ!」
  と言ったのはTBSの「報道特集」です。
しかし、こうしてカメラで乗客の顔を、しかも全国にさらすという行為は
 防犯カメラ以上のプライバシーの侵害なのではないですか?
もしかすると、内緒で飛行機に乗っていた人もいたかもしれないのに。

テレビは自分達の二枚舌を恥じるべきです。

イメージ 2


先日、愛知のトリエンナーレ(by 津田大介)について書きましたが
 テレビが言うのは「いわゆる『慰安婦像』への批判が来た
   についてばかりです。
昭和天皇の写真が燃やされている作品(?ゴミ?)については
 完全にスルー。
なぜそれについては言及しないのか。

天皇の肖像焼くけど、二代目だから大丈夫だよね」と言った津田大介
津田の脳内はこんな感じのようです。

しかも、大村県知事は事前にこの内容を知っていたそうで。

トリエンナーレ「慰安婦像」展示問題。実行委員会と自民党県連事務局に電話を入れて確認。実行委員会の主幹、つまり本庁の課長(実質責任者)と室長補佐(本庁課長補佐)の二人は確かに大村知事に「慰安婦像」と天皇の写真を焼く映像が展示されること、その懸念を伝えたと言っている。


大村知事は完全に津田大介と共犯である。県知事が知った上で展示を許可している。知事の他にどこまで知っていたか。自民党の堀崎県議会副議長がどこまで知っていたか。これを県連に問い合わせたが、これはまだ分からないとのこと。今、自民党県議団が対応を検討中とのこと。



いや、もう大村県知事、ダメでしょう?
政治生命、おしまい。
次はない!二度とない!
自民党だと思って油断していたが、
 選挙に勝てりゃどこの党でも良い人だったのでしょう。
  (げんに、国会議員を辞めてからは、自民党とはモメてばかり)

何年か前、Mr.サンデーで竹田圭吾さんは
 「隣の国だからと言って仲良くする必要はない」と発言。
「隣だから仲良くしなきゃ!」と考えがちですが、
 その時私は、彼の発言に目から鱗でありました。

今朝のヤフーニュースでも

  「ここまで歴史を捻じ曲げる国、韓国との対話は困難だ」
         (略)
この種の状況への対応として、米国でよく使われる表現がある。「Let us agree to disagree.(同意はしないことを同意し合おう)」という表現だ。対立する両者が、互いの間に存在する相違を認め、互いの主張が相反することを認め合うということである。その結果、対立が続いても構わない。

上記のような歴史上の対立をみれば、日本と韓国はそもそも対立が正常な状態だとさえ言える。ところが日本は、その対立をなくそうとしてあまりに多くの代価を払ってきた。経済支援の名の下の巨額な賠償、竹島という日本固有の領土の喪失、事実誤認に基づく教科書問題での不要な謝罪、慰安婦問題、でのやはり不要な謝罪などである
一方で、「韓国とじっくり話し合うべきだ」「隣国同士なのだから和解が不可欠だ」という声も絶えない。 この点について、米国で最近、興味深い意見が出ていた。  (略)
「れいわ某」という党の山本太郎は、日韓の貿易では何兆円の黒字を出している。 それを蔑ろにするのか。ということを言っていましたが、この人、             選挙の時には何を言いました?                                  「生産性だけを重視してはいけない」と言って重度障碍者の方を担ぎ出したんですよ。
生産性、つまり数字だけを言うんじゃない!というのなら、                  韓国からの黒字6兆円」なんてどうでもいいでしょ?                      それよりも国家としての志、筋を通す方が重要だと思うんですけど。             そういうとこ、どうなんです?                                    津田大介も、山本太郎も、そもそもお顔がね・・・、あちら系ですよね。         政策だの思想だのの前に、ルーツはどこ?が基本にあるような気がして来ます。やっぱり、DNA検査は重要ですね。