キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

みんな勝手なことばかり言うよね

国土交通省厚生労働省から新型コロナウイルス感染症対策に関するお願いです。
新型コロナウイルスの感染拡大防止には車内混雑を緩和することが有効です。
このため、お客さまにおかれましてはテレワークやオフピーク通勤といった取組みを積極的に行っていただきますようお願い申し上げます。また車内での咳エチケット・・・

 

最近、駅・電車内でこのようなアナウンスが繰り返されるようになり、

(「テレワークの勧め」を宣伝することは、交通機関にとっては

   自らの首を絞めることになるであろうに・・)と同情しながら聞いています。

 

        f:id:minakosayu2019:20191001081920j:plain

 

ところで。

昨日政府は、全国の小中高に対し、春休みまでの休校を要請しました。

   橋下徹も「学校は一斉休校にしろ」と言い張っていた)

これに対してのテレビ上での反応をみていると、

 「子供を預けるところがない」

 「親の仕事はどうしろと?」

 「親が満員電車に乗って感染したら、何の意味もない」

などと怒りの声ばかり。

 

つい先日までは

「子供を守れ!」「政府主導で!」「リーダーシップが見えない」等と

 政府批判をしていたくせに、

 いざこういう策が出て来ると今度は

 「独裁国家だ」などという輩まで出てくる有様。

 

メディアはいつも文句しか言いませんね。(大笑) (-_-;)

 

ちなみに、この独裁の言葉を見たのは、

 中野晃一センセイ(シールズ゙の保護者・上智大の左翼教授)

 のツイッターですが、

このセンセイ、ニューヨーク・タイムズに日本批判の記事を書いたそうです。

で、NYTは

 

「米紙ニューヨーク・タイムズは昨日、
コロナウイルスに対処出来ない日本に、五輪が開催出来るのか?」
と題された中野晃一上智大学教授の寄稿文を掲載。

新型コロナウイルス問題における日本政府の対応について、
「驚くほど無能」だと最初の一文で切り捨てた上で、
新型コロナウイルスに対する日本政府の対応のまずさ、
官僚の事なかれ主義、安倍政権の非常事態への無関心ぶり、
自民党に2世・3世議員が多いことなどを批判しています。

    

kaigainohannoublog.blog55.fc2.com

 

まぁ、NYT東京支局は朝日新聞社内にありますし、

 あそことあそこが親戚なのは十分承知の上ではありますが、

 そういう事情を外国人は知らないし、

 中野が外国のメディアに「日本からの声」代表のように

 取り上げられることは迷惑千万。

中野がやっていることは、英語で海外に「日本下げ」情報を発信した

 岩田健太郎と同罪です。

いや、私は日本批判は問題、と言っているわけではありません。

真実ではない、イデオロギーとただの主観による感想文を外国に垂れ流すな、

 ということです。

 

また、昨日のニュースでは中国人旅行客のガイドをしていた大阪の女性が

「陽性→入院し陰性に→再び陽性」になったことが大きな話題になっていました。

 

野党もメディアも「希望者全員にPCR検査を!」と言います。

テレビに出ずっぱりの岡田晴恵サンも、上昌広センセイも

 「あの検査は簡単なので、なぜこんなに検査が出来ないというのか不思議」

と言います。

 

ですが、やはりこの検査は難しく、正確なものは期待出来ない、微妙なもの、

 と言えるのではないですか?

 

名古屋では、ハワイ帰りの女性が利用したスポーツジムから感染が拡大。

その記事によると

 

(名古屋)市の衛生研究所では

1日に40の検体しか調べることができません。

1人検査をするのに粘膜だけでなく痰や血液といった複数の検体を調べるため、

1日で十数人から二十人程度しか対応できず、25日までに検査をしたのは83人にとどまっています。

headlines.yahoo.co.jp

  

だそうですよ。

やっぱりより正確なものを要求すると、この程度の数しか調べられない、

 というのが現状なのではないでしょうか。

 

しかも、皆さん、

「他の検査は後回しにし、コロナを優先して調べろ」と言いますが、

  他の病気の患者さんにとっては良い迷惑です。

検査を後回しにされ、病状が悪化したら、それこそ「コロナの二次被害」。

なぜコロナだけを優先させなくてはいけないのでしょうか。

 

命の重みは同じであるはずですよねーーー。(棒読み)

  (※ 私は、命の重みは年齢に逆比例すると思っています)

 

 

今朝のテレビではどこぞのロックバンド(?)が、いくつかの番組で

 「LIVEが中止になった。俺たちにとっては死活問題。

  政府はこの損害を補償してくれ」的なことを言っていましたが。

良い宣伝になって良かったですね。

 

繰り返しますが。

皆さん、国がああやればこう言う、こうやればああ言う、

  常に文句ばかり、政府批判ばかり。

じゃあ、どうすればいいのさ!?と、毎日非常に不愉快。

 

政府の失敗は、「中国人入国禁止」にしなかったことです。

今さら感はありますが、それはやるべきです。

ま、今これをやると「今さらか?!遅い!」の大合唱でしょうが

 それは真摯に受け止めるべきです。

習近平も来なくていい。

第二の感染国・韓国人も入国禁止で結構です!!

 

しかし、イスラエルは、「日本人と韓国人は入国禁止」なんですよね。

なぜ中国は入っていないのでしょう???

不思議なことばかり。