キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

おい、小池!

「おい、小池!」

 

 というと、昔、街のあちこちに貼られていた

 指名手配写真ポスターのキャッチコピーを連想しますが、

 昨日の夕方のニュースを見て思わず私が口にしたのも

  ソレでした。 (-_-;)

 

        f:id:minakosayu2019:20200828084127j:plain

 

 東京都は、新型コロナウイルス感染拡大防止策として

 今月末まで実施している飲食店などへの営業時間の短縮要請について

 23特別区に限り9月15日まで延長すると発表した。

 午後10時までの営業短縮に応じた場合、協力金として一律15万円を支給。

 記者会見した小池百合子知事は「いまだ予断を許さない状況で警戒が必要」

 と強調した。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020082700615&g=soc

 

 嬉しそうに、いつもの大きなフリップボードを掲げて。

 今回のコピーは

  「防ごう症化 守ろう齢者」なんだとさ。

 

 失礼ながら、もうね、「小池、あーたバカなの?」 と。

 

 築地から豊洲への移転への反対、五輪会場へのイチャモン、

 これらで東京都が負ったダメージはどれだけ大きいか。

 今回はこれで足を引っ張ろうとしている。

 もう飲食業界は大打撃!

 

 で、小池サンは

 1か月延長に応じれば月15万円のおこづかいを下さるそうだ。

 15万円って、新入社員1人分の給料にもなりませんよ。

 バカにしているのか、って話です。

 

 うちは飲食業でもないし、元々私は

 「東京にこんなに沢山の美容院と外食業は要らない」と思っていたので、

 なので、逆に言うと、

 

 こんなに大きい業界だから潰れる所も多数出て来る、

 それを淘汰と見て「当然だ」と考えることも必然かもしれないが、

  しかし、今回の景気の落ち込みの時にこんな仕打ちをしては

 泥沼に大雨を降らせているようなもの。

 飲食業界が一気に潰れるのは困る、とも思うのです。

 

 以前、

 「なぜ営業時間短縮で夜10時迄なのか?12時でもいいじゃないか」、

   と書きましたが、

 今回、是が非でも時短要請を延長したいのなら、

  夜10時ではなく2時間伸ばし、

  「23区は、夜12までの営業は認める」とすべきでした。

 これならいくらかは息が付ける。

  

        f:id:minakosayu2019:20200702073425j:plain

 

 最近、メディアが口にするのは

  「重症者が増えている」という文言です。

 

 今迄我々素人が、

  「感染者数は増加しているが、死亡者数、重症者数は少ないじゃないか。

   なぜそちらは無視するんだ!?」

 と言っている頃には、こんな言葉は一切言っていませんでした。

 

 感染者数が高止まりとはいえ、上昇が見られなくなった今、

  彼らが言い出したのがその

  「重症者数が増えている。依然警戒を緩めてはいけない」。

 

 もちろん、警戒を緩めるつもりはありませんが、

 メディアにとってコロナは

  祭り、好適品で、

  これを手放したくないと思っているのかもしれません。

 

 

 昨日の小池都知事にもそれに似たものを見ました。

 

 記者会見がやりたくてしょうがない、

 目立ちたくてしょうがない、

 

 政府は、GoToトラベルキャンペーンに東京都も入れようとしているが

  そうはさせない、

 

 政府は、コロナを感染症法「2類相当」を「5類」の扱いに

  引き下げようとしているが、そうはさせない、

 

 

 今日の安倍総理の会見を前に、

  先手を打っておかなきゃ、くらいは意識しているように思います。

 

 すべてが自己保身、

 国にマウントを取りたい、

 東京の経済なんてどうでもいいのよ、どうせ私は

  いつまでも都知事をやるつもりはないから

 

 が見え隠れする小池都知事

 こういう小池の、目先のことしか考えられない政治を見る度に

 

  「だから、私は女の政治家が嫌いなんだ」

 

  を反芻してしまいます。

 

 

 ほんっと、女は図々しい!

   (私も女ですけどーーー (-_-;))

 もう小池の毎日の会見なぞ、生中継するな!

   (メディアと小池は同類だし、時間つぶしにも使えるので

    生中継したいのでしょうけれど)

 

 

 さて、今日の夕方は安倍総理の会見があるとか。

 これについてはまた後で。 (-_-;)